2015/1/17

智積院で襖絵三昧。  神社仏閣/教会

クリックすると元のサイズで表示します

 京博から山手に上がって行くと、すぐこの門に行き当たるけど、ここからは入れない。石垣の上の白壁に沿って、暫く南へ歩く。

クリックすると元のサイズで表示します

 智山派の「総本山」、というからには境内は広いのかも。それでも天龍寺ほどには、歩き回らなくてもよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 寺紋の桔梗をあしらった丸瓦と、吉祥の桃の瓦が載った入口。

クリックすると元のサイズで表示します

 お出迎えはこの方。ズームにしてみよう。

クリックすると元のサイズで表示します

 ちょっとエキゾチックな狛犬さんだ。ということは、手前にも吽(うん)形が?

クリックすると元のサイズで表示します

 いました! 牙がジャマなほど長い、まるで渡来してきたかのような、異形の方だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 神社の鳥居のようなものが。結界か?

クリックすると元のサイズで表示します

 横手の道を見れば、不思議な光景が見えた。

クリックすると元のサイズで表示します

 閑静な石畳と松と小さな山門のむこうには、長いクレーン。

クリックすると元のサイズで表示します

 別の石畳を歩くと、木々の間を風が渡る。今時分の京都にしては、寒さが厳しくなくて助かる。

クリックすると元のサイズで表示します

 中空に紅葉のタネが、枝先で舞っていた。

 拝観料を払って、おみくじも買い、収蔵庫に入った国宝の長谷川等伯の障壁画を見る。桃山時代の防火のためとはいえ、明るくて見やすいとはいえ、ちょっと味気ない。

クリックすると元のサイズで表示します

 長谷川等伯といえば、本法寺の「涅槃図」が巨大で見応えあったな。愛弟子であり愛息子の久蔵をこれから、という時に亡くした悲しみがひしひしと伝わって来たっけ。ここでも等伯は、息子を失った悲しみを楓の絵に託していた。

クリックすると元のサイズで表示します

 パンフの写真の部分にはないが、「楓図」の徐々に紅葉していく葉っぱの様子が、さすがにきれいだった。ちなみに息子の久蔵は豪華絢爛な「桜図」を描いている。

クリックすると元のサイズで表示します

 それが永遠の眠りに就く一年前の遺作というのも、哀れを誘う。 

クリックすると元のサイズで表示します

 収蔵庫から出て、次は「名勝庭園」へ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ