2015/8/15

藤の間から桐の間  おでかけ

絽や紗のカーテンの前には、截金(きりかね)が施された板戸。ここはステージで、能や日本舞踊が上演される。

クリックすると元のサイズで表示します

 こんなところにも、錺金物(かざりかなもの)が。

クリックすると元のサイズで表示します

 「藤の間」のタペストリー全体はこんなかんじ↓ ちなみに「藤」の花言葉は「歓迎」なのだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

 人間国宝みたいな方たちが作ったような品々を後にして、廊下からお庭を見る。

クリックすると元のサイズで表示します

 トンボやアメンボが飛び交う水のある風景は、お宝の数々を見た後では、ほっとする。

クリックすると元のサイズで表示します

 お次は、「和の晩餐室」である「桐の間」。「五七の桐」が装飾モチーフとして使われているのだ。漆塗りの座椅子の後ろに「五七の桐」が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

 雪見障子になっている。上下にスライドさせると、下部がガラス面になるのだ。
 それにしても各国要人クラスじゃなかったら、プレッシャーでへしゃげそうになるだろう。格式高過ぎて、寛げない(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


 廊下の障子は石積貼りになっている。高貴な人の障子の、古式ゆかしい伝統の貼り方だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 もしかしたら「すごいもの」なのかもしれないけど、こういう地味なものに視線が吸い寄せられる。石の上に柱が乗っかっているだけ。伝統的な耐震構造だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 土間のコンクリート(違うかな?)に、小石がほどよく入っているのも心憎い。たったこれだけで、ぬくもりのある上品な佇まいになる。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ