2015/8/31

二葉館の和室  建築

和室は貞奴のお着物や鏡台や文机などもあったのに、なぜか一番のお気に入りがこれ↓

クリックすると元のサイズで表示します

 衝立にこんな絵って、見たこと無い! 絵の中の少年に、いたく心を動かされる。(どちらもピンぼけですみません・汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 あとはひたすら灯りばかり撮っている。

クリックすると元のサイズで表示します

 和の女性っぽいのとか

クリックすると元のサイズで表示します

 貞奴の印である「流水に楓」の模様が入っているのとか

クリックすると元のサイズで表示します

 階段の踊り場のモダンな三角の灯りとか。

クリックすると元のサイズで表示します

 ちいさな玄関も、懐かしい感じでいい。豪奢よりも、工夫や丁寧な作りに好感度大だ。砂利を混ぜ込んだ三和土と、それより大きめの砂利を混ぜ込んだ踏み石(台?)が好き。

クリックすると元のサイズで表示します

 土壁の中に障子が嵌め込まれた不思議な玄関。格子の戸がついた段違いの下駄箱も風情がある。

クリックすると元のサイズで表示します

 そしてやっぱり照明。

クリックすると元のサイズで表示します

 ズーム!

クリックすると元のサイズで表示します

 この廊下の先はガラスで行き止まりだけど、

クリックすると元のサイズで表示します

 蔵が見える。なにしろ「電気王」といわれていただけあって、金持ちだから、蔵のひとつやふたつは、ね。まあ蔵自体はどうということもないが、丸瓦に注目。

クリックすると元のサイズで表示します

 貞奴の印「楓」がデザインされている。つまり貞奴専用蔵か?

クリックすると元のサイズで表示します

 飛び石が斬新。

 「電気王」の面目躍如なのは、むしろこっちだ↓

クリックすると元のサイズで表示します

 配電盤があるなんて、さすがだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 裏から配電盤をみたところ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ということで、二葉館とはさようなら。時間的にもここまで。

 「どやさ、どやさ〜!」と上流階級の人々にアピールする館より、男の乙女心を全開にして、プライベートを心安らぐ場所にした橦木館に、私は軍配をあげたい。やっぱり住まいは「見栄」じゃなく、「いかに寛げるか」が大事だよね。

 路線バスで、行きの半分以下の時間で名古屋駅まで帰り、名古屋駅のアンパン専門店で、桃餡と日向夏餡の2種類を買って、帰途につく。東方面は、乗り換えが多いのがちょっと辛い所だけど、来春の青春18キップでは、豊橋にチャレンジも考え中。ただし、滞在時間は短いなあ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ