2015/10/7

門の中で。  神社仏閣/教会

 境内には四季折々の草花が植えられている。

クリックすると元のサイズで表示します

 このときにはシオンの見頃で、蝶も花と戯れていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 ホトトギスの花は、これから。約1輪が、かろうじて花開いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 本堂にはご本尊の釈迦牟尼佛、両脇に阿難(あなん)尊者、迦葉(かしょう)尊者がおまつりされている。

クリックすると元のサイズで表示します

 本堂横には、卍山禅師が享保4(1719)年に建立された開山堂がある。

クリックすると元のサイズで表示します

 卍山禅師は、宗祖道元禅師の教えが当時の乱れた宗門を復古した功績から、「中興の祖」と伝えられている。

クリックすると元のサイズで表示します

 卍山禅師は、天和元(1681)年に京都洛南宇治田原の山中で、霊芝というきのこからできた霊芝観世音を感得し、秘仏としておまつりされているらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 さて、源光庵を訪れる方のお目当ては、「迷いの窓」と「悟りの窓」。

クリックすると元のサイズで表示します

 この窓は本堂が建てられた時からあり、それぞれに仏教の概念、禅の境地の意味が込められているそうだ。2014年のJR東海「そうだ京都、行こう」のキャンペーン・ポスターにもなっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 では、仏様と窓を拝みに参りますか。

クリックすると元のサイズで表示します

 そうそう、「血天井」もね。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ