2015/10/9

血天井  神社仏閣/教会

 さて、この寺院のもうひとつのメインである(少なくとも寺院側は、そう思っているフシがある)血天井である。

クリックすると元のサイズで表示します

 血天井は三十三間堂近くの寺院、「養源院」でも見た。あれは京都・伏見桃山城の遺構だったが、こちらも同じ伏見桃山城の廊下である。

 慶長5(1600)年、徳川家康の忠臣であった鳥居彦右衛門元忠の一党の約1800人が、石田三成の軍勢と交戦し、多くの武将が討死した。生き残ったおよそ380人全員も自刃し、流れた血痕が床に残された。小嶋先生の説明で、けっこうわかりやすく、ヒトガタとして残っているのもあった。いや、あんまりわかりたくないんだけど(汗)

 亡くなった一党の魂を冥福しようと、血痕の残された床板は5つの寺院にわけられ、一部が源光庵にも奉納された。そして床板を天井にあげ、一党の魂の供養が行われたのだそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 そうか、五カ所の寺院に奉納されて供養されたから、養源院と同様のものがあるわけだ。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ