2015/10/22

MIHOへの道  展覧会

 この日は信楽デー。「MIHOミュージアム」でアメリカから里帰りした日本の美しいものたちを見てから、信楽焼きのあれこれを集めた「陶芸の森美術館」も立ち寄り、そのうえ「日野ダリア園」まで行こうという欲張りな一日だった。

 前日にチケットをちゃっかりゲットして、前半はMIHOミュージアムで和物のあれこれと、陶芸の森で信楽焼三昧で目の保養。

 秋の信楽はその道程も楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 山の中のゆるい傾斜にある田んぼ。

クリックすると元のサイズで表示します

 だんだん畑や茶畑。

クリックすると元のサイズで表示します

 棚田と、すずなりの柿(たぶん誰も取らないのだろう。柿の木の持ち主も)。

クリックすると元のサイズで表示します

 ススキの土手。

クリックすると元のサイズで表示します

 あの向こうには鉄路。

クリックすると元のサイズで表示します

 うねる山道をどんどん登って行く。初めて来たら、どんどん不安になるくらい、さみしい山道を果てしなくのぼるのだ。桃源郷への路は遠い(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

 それでもついに到着。さすがは桃源郷、いちはやく紅葉が始まっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 MIHOミュージアムは、駐車場から高級感があり、整然として美しいのだ。そもそも駐車場係のおじさんさえ、丁寧でぱりっとしているのだ。

 ちょうど停車していたオープン電気自動車?に乗れるよう、H氏にせき立てられる。

クリックすると元のサイズで表示します

 エントランスから出発して、さらにゆっくりとのぼる。最後列より後ろの景色。春には枝垂桜が見事だろうな。

クリックすると元のサイズで表示します

 SFのようにメタリックなトンネル。何回入ってもドキドキする。

クリックすると元のサイズで表示します

 だからここを歩くのも、ちょっと素敵なんですよ。この設計はスゴいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

 トンネルを出たら、お馴染みのミホの風景。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、去年も紅葉の頃に来たっけ。いつもながら、秋には松の緑と紅葉のコントラストが美しい入口なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ