2015/12/5

天保山でヨロヨロ。  おでかけ

 「もっきりや」を出た後は、地下通路を大阪駅目指して急ぐ。電車を乗り継いで天保山まで行かねば。

 なのにデパートの入口前で「マルセイバターサンド」が販売されていたら、寄り道も辞さなかったりした。

 おばあちゃんの大好きだった「『りくろーおじさんのチーズケーキ』が焼けました〜。焼きたてです〜」の声にも足を止めたが、こちらは嵩張るのとリュックにいれたらペッチャンコになるので、涙をのんで断念。帰宅直前だったら、迷わず買っていた。ちなみに「りくろーおじさんのチーズケーキ」は大阪みやげの定番になっているらしい。購入は行列覚悟。18pのチーズケーキが1000円で充分なおつりが来る、という安さも魅力。あのクックパッドで、「りくろーおじさんのチーズケーキの味再現レシピ」なるものがあるほどの人気ぶりだ。

 と、さまざまな誘惑に翻弄されつつ、環状線に乗り込む。10分足らずで弁天町に着き下車する。弁天町での発車メロディー「線路は続くよどこまでも」を聞きながら案の定少し迷いつつ、中央線乗り場へ。そこからは6分で大阪港に到着し、すでに8千歩以上歩いてる足に喝を入れながら。大阪文化館・天保山を目指す。

 早くもクリスマスの飾り付けがされた洒落た建物を眺めたり、

クリックすると元のサイズで表示します

海遊館前の大観覧車に目を眩ませたりしながら、なんとか海遊館近くまで到着。

クリックすると元のサイズで表示します

 それにしてもこの観覧車、へたをすれば公道にまで進出しそうな勢いだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 真下から見上げると、宇宙ステーションのような迫力。ペングゥィンたちもびっくりぽんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 「海遊館」を通り抜け、坂や階段という障害物を乗り越えてやっと、「大阪文化館・天保山」に到着。ここで初・藤城清治さん鑑賞だ。「愛と平和の祈り 藤城清治展」を観る。子どもの時から知っている人なのに、半世紀もたって「初」だなんて。(以下はポストカードよりの画像)

クリックすると元のサイズで表示します

 足元の床のアクリル板の下に展示があったり、三面を鏡張りにしたりと、鏡を多用した斬新な展示。合わせ鏡を使った展示は初めて。

クリックすると元のサイズで表示します

 影絵の展示は絵画とはすいぶん違うようだけど、大阪を描いた大作が面白かった。90才を越えて、しかも大病を乗り越えた後に、あの大画面を作り上げるとは人間業とは思えない。

クリックすると元のサイズで表示します

 ご存命中に一回見とかないと、と思っていたので、やっと叶えられて安堵。

クリックすると元のサイズで表示します

 陶芸家の清水さんといい藤城さんといい、逆境に負けないどころか、逆境を糧にしてさらに力を増すスゴさをみせていただいた。老いも若きも女性でごった返すミュージアムショップで、少しだけカードを買って帰る。

クリックすると元のサイズで表示します

 はやくも灯りがともり始めた街を、限界をとうに越えた足を引き摺りつつ、家路を急いだ。

クリックすると元のサイズで表示します

「愛と平和の祈り 藤城清治展」は12月20日まで。平日:午前10時〜午後5時まで ※日曜のみ:午前10時〜午後6時まで (入館は閉館の30分前まで)/会期中は無休です。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ