2016/2/4

日本でガウディ体験  建築

 もう、ここはバルセロナにしか思えない。

クリックすると元のサイズで表示します

 だから空だって、バルセロナの青い空にしか見えない。

クリックすると元のサイズで表示します

 こんな立体のコケシのようなタイルの隣に、よくよくみれば、サンリオのようなファンシー柄のタイルがあったりして、なにがなんだか(笑) いい意味でカオス。

クリックすると元のサイズで表示します

 数歩引いて見ると、これがまたいい色合いで。

クリックすると元のサイズで表示します

 1Fは店舗だけど、そこから上はマンションらしいから、きっとマンションの入口らしきものが。ちょっとだけ、みせていただきます・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

 門扉は蝶の羽のような曲線。

クリックすると元のサイズで表示します

 舌を出す鬼女のタイル絵に誘(いざな)われる。バリの魔女ランダの誘惑だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 側面はこんな感じ。どきどき。

クリックすると元のサイズで表示します

 通路の天井は、こんな感じ。わくわく。

クリックすると元のサイズで表示します

 突き当たりには巨大な手が!! 天の蓮池から出てきた手は、地の足を指差す。

クリックすると元のサイズで表示します

 左手にあるブリキ?の郵便受けも、ひとつひとつが動物の意匠になっているこだわりぶり。

クリックすると元のサイズで表示します

 蓮池の手前には、リンゴがぶら下がっている。アダムとイブが全裸で暮らしていた頃の、知恵の木の実なのか?

クリックすると元のサイズで表示します

 床は三角のタイルが敷き詰められている。ウロコなのか足跡なのか?

 外の側面には、こんなアバンギャルドなタイルがあるかと思えば、

クリックすると元のサイズで表示します

 こんな清楚な花柄が並んでいたりする。

クリックすると元のサイズで表示します

 そんなダイナミックな変化の連続も楽しめる。

クリックすると元のサイズで表示します

 そろそろ、この変幻自在な建物のまとめに入らなければいけないのだけれど、

クリックすると元のサイズで表示します

 所詮、無理だよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

 でも一歩間違えれば「きわもの」「げてもの」と言われそうで、下手をしたらファッションホテルと間違えられそうでもあるところなのに、なぜかしっくりと早稲田のまちに馴染んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

 そして日曜の、人通りのまばらな朝の光のなかで、とてもきれいに輝いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 文字通り、七色に。光を受けると、タイルも窓も虹色に光を放つのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 これが「てづくり」というものの価値なのだろうか。超一流の職人さんたちをコーディネートし、作り上げたデザイナーズマンション。1984年という時代が後押ししてくれた部分が大きかった気もする。

 デザイナーズ・ブランドが流行し、コンクリートの打ちっ放しがオシャレと思われ、過労死が問題になっていたのとは裏腹に、バブル景気で浮かれてはしゃいでいた時代だからこそ、そこから逆行するものもどこかで求められていたのかも。もちろん経済的にも、あの時代だったからこそ実現可能だったのかもしれない。

 あさイチから、どえらいものを見てしまったと、ちょっと高揚した気分で、次の待ち合わせ場所へ急いだ。
 これが、「どえらい」尽くしの一日になるとは、まだこの時には知るよしもなかったのだが。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ