2016/2/27

熊野神社  神社仏閣/教会

 まずは熊野神社に向かう。須賀神社は逆方向にある。途中に聖護院八つ橋の老舗「西尾」さんの前にひとだかりが。

クリックすると元のサイズで表示します

 店先の餅花にハサミを入れ、通行人に配布中だったのだ! 私たちも「餅花」をいただいて、テンションがあがるあがる! 「西尾」さんのおふるまいはそれだけではない。別の行列もあった。

クリックすると元のサイズで表示します

 「西尾」の法被を来たスタッフさんがお餅つきをされていて、つきたてのお餅をふるまっている。きな粉とぜんざいどちらかを選べるのだ。もちろん、私たちは列の最後尾についた。

 手際のいい店員さんたちが手早くさばいて行くので、列はどんどん進む。奥に床机(=しょうぎ)がいくつも置いてあるので、座って食べることができた。私はきな粉餅、れんくみさんはぜんざいをチョイス。私のとなりに座っていたおじさんが、れんくみさんに気さくに話しかける。

 「ここのぜんざいは、さすが和菓子屋だけあって小豆がうまいねん!」。なるほど〜! いや、きなこ餅も美味しかったので、あっという間に平らげましたが。

クリックすると元のサイズで表示します

 これらの「おふるまい」にほくほくしながら、再び熊野神社へ向かう。

クリックすると元のサイズで表示します

 熊野神社は、平安時代に修験道の日圓(にちえん)上人が、国家守護のため紀州熊野大神を勧請したことから始まる。

クリックすると元のサイズで表示します

その280年後に聖護院が、熊野神社を守護神として、別当職を置いて管理された。紀州熊野のシンボルでもある八咫烏デザインが、こちらの神社でも見受けられる。

クリックすると元のサイズで表示します

 ほらほら、こんなところにも↑あんなところにも↓
 熊野信仰が盛んだった平安末期、後白河法皇も厚く崇敬し社頭の整備に力を注ぎ、その後も天皇、武士、庶民からも厚く信仰された。

クリックすると元のサイズで表示します

 しかし応仁の乱により荒廃。江戸時代になり、天保6年に再興される。現在の本殿は、下鴨神社の旧本殿を移築したものだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

 門扉にも、しっかり八咫烏デザインが付けられていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 狛犬は食いつきそうな口をしている(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 提灯にはカラス、本殿には獅子と象。

クリックすると元のサイズで表示します

 さて、このモニュメントは何かな?

クリックすると元のサイズで表示します

 「八つ橋発祥の地」の碑と、生涯を八つ橋に捧げた「西尾」中興の祖、西尾為治さんの銅像だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここで熊野神社のご神木「なぎ」の小枝のついた福豆や火伏のお札を買い、みたらし団子を食べたりした(さっき、きな粉餅を食べたばかりでは!?)

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ