2016/4/1

倉敷のお買い物  本・書店・出版

 娘がリクエストした倉敷のお土産、マスキングテープ、通称?mtを買わなくちゃ。マスキングテープを中心にした、紙ものの専門店を発見。如竹堂さんへ。

 大急ぎで店内の膨大なmtをチェーーーック! 

 私のイチオシは安西水丸さんの風景スケッチmt。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 あと「瀬戸内おさかなmt」ね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ガムテープの2倍はありそうな幅広のものも。

クリックすると元のサイズで表示します

 これでKちゃんへのお土産は完了だ!

 さあ、急げ急げ!と足早の私に、急ブレーキをかける店が、目の端に留まった。「古本」と書かれた、大きな木の表札が掛かっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 蟲文庫?? これは・・・この店名は記憶にひっかかっている。きっとどこかで読んだことがある気になる本屋さんらしい。ということは、是非に入店せねばなるまい。

クリックすると元のサイズで表示します

 ややうすぐらい店内に入ると、手応えのある文庫本がずらりと客を招き寄せる。東洋文庫やみすず書房などの単行本が適度に雑然と、所狭しとり並んでいる。気骨のある本屋さんなら並んでいるような新刊、たとえばナナロク社の「へろへろ」なんかも、少し平積みしてある。

 本棚に隠れて最初はわからなかったが、奥には、まるでマンガ「栞と紙魚子」のヒロインが、そのまんま大人になったかのような女性がレジにいらっしゃった。この古書店に彼女はあまりにもハマっていた。

 そしてこの店内の空気感! 個性的な古書店にありがちな「どや!」という威圧感もなく、さりとて「リーズナブルでっせ!」と媚を売るでもなく、ちょっと懐かしくゆっくり時間が流れている感じ。時間に置き去りにされつつ背伸びした思春期の感性と、時を経た大人の知性が同居しているような。 

 残念だがゆっくりと棚を見る時間はない。それでもどうしても、ここで本を買いたかったので、H氏へのお土産として1冊選ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

 挟んであった栞も「蟲文庫」特製品。

クリックすると元のサイズで表示します

 本を入れてもらった袋や、レジ台にあった絵葉書も「蟲文庫」のもの。あかん、ますます好きになってしまった♡

クリックすると元のサイズで表示します

 レジ台には石の標本(化石?)もあったりして、マンガの擬態語でいえば「ドギュン♡」と打ち抜かれた古本屋さんだった。ネットをみたら、同類はあちこちにいらっしゃるようで、本好きのハートを射抜くスポットらしいのだ。 

 これはもう、いずれ再度行かねば!ねっ。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ