2016/4/9

山の気を浴びながら下山  神社仏閣/教会

 「普通の観光寺院とは違って、そこへ行けば清澄そのものの(山気)に触れることが出来る。ただ歩くだけでよい」

 そんな白洲正子さんの言葉は、山を下りて行くときにも、つくづくと実感。

クリックすると元のサイズで表示します

 山奥の大木と、品のいい古びた石段と、樹の間から差し込む陽光に、心打たれる。

クリックすると元のサイズで表示します

 石のなんともいえない情緒に、「近江は石の国である」といった(うろおぼえだけど)白洲正子さんの言葉も思い出される。

クリックすると元のサイズで表示します

 人間のちいささも再確認。

クリックすると元のサイズで表示します

 落ち椿も、しっとりとした気持ちにさせてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

 山水が流れ落ちる石積みの側溝。

クリックすると元のサイズで表示します

 山の気に心身ともに洗われるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 次第に下界に近づく。

クリックすると元のサイズで表示します

 視界が開けて来る。

クリックすると元のサイズで表示します

 でました! 鎌倉時代から現代に続く、百済寺賞賛年表。

クリックすると元のサイズで表示します

 これは最近つくられたものらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 この石積みも美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 「山の気」というのは、たぶんこの太い年を経た樹木たちが作り出しているのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

 しっかりと根を張り、

クリックすると元のサイズで表示します

 清浄な山の水を吸い上げ、

クリックすると元のサイズで表示します

 たっぷりと陽光を浴びる。

クリックすると元のサイズで表示します

 思わずなでてみたくなる、ビロードのような苔にも目を奪われた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ