2016/4/15

箱木千年家・主家の内覧  建築

 もう少し補足情報として、ウィキペディアを参照してみました↓

 この建物は、1967年(昭和42年)に国の重要文化財に指定された。

 なんとその後の1977年(昭和52年)までは、実際に住居として使用されていたという。しかし、呑吐ダムの建設により旧所在地が水没するため、1977年から1979年(昭和54年)に掛けて、現在地に移築された。

 名称の「千年家」は、「古い家」の意で、実際の建立年代は不明であったが、移築時の調査により、室町時代と推定されている。

 もちろん長年の間に多くの部材が取り換えられているが、柱などの根幹材には当初の部材が残存している(当初からの部材で残っているのは柱6本のほか、桁、梁、貫などの一部)。


 さすがに小さな窓があるだけの家なので、目が慣れるまではずいぶん暗い。入口の先は広い三和土になっていて、さっきの壁際の流しが、まず目に入る。

クリックすると元のサイズで表示します

 水桶や瓶などの台所用具が並ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

 流しの後ろには、素焼き?のおくどさんが設置されていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 蒸し器などもある。壁には大きなノコギリも掛かっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 あ、砧だ!(いや、そんな驚く程のものでは・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

 三和土と板の間の境目。重要な境界線のように、柱がその間に伸びている。

クリックすると元のサイズで表示します

 ズームしてみる。

クリックすると元のサイズで表示します

 三和土から上を見上げると。

クリックすると元のサイズで表示します

 うわあ、下から見ているのに、目がくらみそう。

クリックすると元のサイズで表示します

 壁と屋根の境目はこんなかんじ。

クリックすると元のサイズで表示します

 三和土と板の間の間は、こんな風に天井が変化している。板の間の天井は平で低いのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 部屋の中から軒先をみた。

クリックすると元のサイズで表示します

 竹以外の頑丈そうな丸太も、等間隔で使われているようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 板の間は、窓の無い奥の部屋なので、肉眼ではどうにも暗い。灯り無しではたいそう不便だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 なにしろ豪族の住居なので、調度も当時としては贅沢なものだったのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 そもそも板の間があるというだけで、もはや庶民ではない(らしい。うろ覚えで申し訳ないです・汗)。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ