2016/4/24

マキノでお花見バスに乗る。  おでかけ

 今津からマキノまでの車窓風景も、一駅ながらのどかで美しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 山あり、

クリックすると元のサイズで表示します

 桜あり、

クリックすると元のサイズで表示します

 あぜ道あり、

クリックすると元のサイズで表示します

 川あり。

 実は安曇川駅にあったパンフを物色していたら、マキノ駅前から「お花見バス」というものが出ているという情報を得たのだ。海津の桜のトンネル付近まで、ぶらぶら歩くか・・・という計画は、一気に変更になった。

 マキノで「お花見バス」に乗ろう!

 しかし、詳細はわからないのでマキノの駅に着いたら、すばやく行動しなくては。発車時刻も込み具合もルートも、現地で情報処理をすることになるので。

 現地で大急ぎでバス乗り場に走るも、「バスの中で金銭の授受はできないので、売り場でチケットを買ってください」と言われ、再び駅に舞い戻る。バスの乗車券売り場の窓口で、「お花見バスの乗車券、1枚。1日乗り降り自由、800円」を購入。乗り降り自由、とはいえ、バスの本数が残りあと1本、しかも1時間後なので、実質のところ私は乗りっぱなしだ。

 急いでバスに乗り込み、後部の2人掛け座席の窓側。たぶん、こちらが琵琶湖側であろうと思われた右手の座席だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 発車時間までしばらく待ったのち、出発♪ 村落や田んぼを抜けて、

クリックすると元のサイズで表示します

 いよいよ海津に入りました!(バスのガラスで写真が青っぽくてすみません・汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 すぐそばに琵琶湖畔と桜。

クリックすると元のサイズで表示します

 自転車の親子づれ。

クリックすると元のサイズで表示します

 曇天が少々残念だが、湖は穏やかに凪いでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

 右手は湖と桜、左手には落石注意な山肌(らしい)。

クリックすると元のサイズで表示します

 琵琶湖の雄大さと、バスの卑小さを感じる。

クリックすると元のサイズで表示します

 対岸は湖北にあたるのだろうか。うっすらと遠山が連なる。

クリックすると元のサイズで表示します

 手前の岩は「落石」か??

クリックすると元のサイズで表示します

 波打ち際の水が透き通っている! さすがにこの辺まで来ると、琵琶湖も澄んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

 とおくにカヌーのひとあり。

クリックすると元のサイズで表示します

 近くには期間限定の遊覧船が通る。

クリックすると元のサイズで表示します

 竹生島と桜。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 あっ、ここにもカヌーのひとが! しかも女子っぽい。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 まさか湖中の岩たちは、落石・・・??

クリックすると元のサイズで表示します

 湖面をすべる遊覧船。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 鏡文字の「おでん」の幟。

クリックすると元のサイズで表示します

 琵琶湖独特の漁法「エリ漁」のしかけが、湖中に。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ