2016/6/30

舟廊下と観音堂  神社仏閣/教会

 とはいえ、本殿の彫り物の素晴らしさは、さすが太閤さまの遺構の桃山デザインだけのことはある。 

 でも回廊好きの私が一番見たかったのは、じつはこれ↓

クリックすると元のサイズで表示します

 舟廊下ですよ! 朝鮮出兵の折りに使われた豊臣秀吉の御座船の用材を利用したという伝承から、「舟廊下」と呼ばれているそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 この屋根といい、

クリックすると元のサイズで表示します

 ほんのりとカーブする桟の上枠といい、

クリックすると元のサイズで表示します

 ほどよく光をいれる桟といい・・・そう、この桟がなかなかに曲者。

クリックすると元のサイズで表示します

 菱形に嵌め込まれているのです。まるで安土桃山時代のブラインド。

クリックすると元のサイズで表示します

 桟のスキマから見上げれば、屋根の金具にも、すてきな花と唐草模様が。

クリックすると元のサイズで表示します

 あまりに廊下が好きすぎて、どきどきしながら渡る舟廊下。

クリックすると元のサイズで表示します

 渡りきった場所から入口を振り返る。舟廊下から奥は、観音堂へと続くやや暗い廊下。途中には授与品やお土産販売所も。

クリックすると元のサイズで表示します

 見上げれば、こんな彫刻も。

クリックすると元のサイズで表示します

 見下ろせば、こんな彫刻も。

クリックすると元のサイズで表示します

 天井にはよく彩色が残っていて、いかにも秀吉っぽい、桃山のゴージャスなポップさを目の当たりに。

クリックすると元のサイズで表示します

 観音堂(重文)も工事中なので、足場と獅子とのコラボ。出口は、秀吉を葬った京都豊国廟の極楽門を「唐門」(国宝)として移築している。こちらも豪華絢爛。

クリックすると元のサイズで表示します

 観音堂のご本尊の千手観音さまは33年に一度の御開帳なので、扉は閉ざされていた。そのまえには、びんずる尊者(おびんずるさま)がいらしたので、各自、よりよくしたい身体の部分をなでさせていただく。

クリックすると元のサイズで表示します

 そしてここで、帰りの舟を1本見送る時間に。

 ということは、もう、焦ること無く、ゆっくりじっくりと、残りの行程を過ごせばいいということで。出航の汽笛を聴きつつ、次の目的地まで階段を登る一行であった。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ