2016/7/3

宝物殿へ  神社仏閣/教会

 宝物殿は、さらに石段を登らなければならない。

クリックすると元のサイズで表示します

 けっこうな勾配である(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 ご本尊の大弁財天本堂建立にまつわる話が書かれているらしい(漢字がいっぱいで読めない・汗)。

クリックすると元のサイズで表示します

 あれ? 石段に文字が。寄進されたものなのだろうか?
「福山岩田又七商船海上安全」

クリックすると元のサイズで表示します

 のんびりと日陰を歩くカタツムリ。カタツムリを見たのは何年ぶりだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 上から見た石段。おおお〜 目がくらむ〜!(うそ)

クリックすると元のサイズで表示します

 登りきってまず目に入るのは、美しく刈り込まれた「モチの木」。「これってモチモチの木のこと?」という話になり、さすが元読書会メンバーだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 約400年の樹齢があるこの木は、現在大河ドラマ「真田丸」で豊臣家家臣として活躍している片桐且元さんが、観音堂の普請奉行として来島したときに、手植えした記念樹。

クリックすると元のサイズで表示します

 と、記されておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

 やはり齢400年ともなると、支えになる杖は必要。400年の重みを、しっかりフォロー。

クリックすると元のサイズで表示します

 仰ぎ見るモチの木さん、フォーエバー!

クリックすると元のサイズで表示します

 龍神拝所の宮司さんは、ここからが「竹生島一眺めのいい場所」とおっしゃっていたっけ。

クリックすると元のサイズで表示します

 たしかに、あまり味わった事がない、なんとも爽快な気分になる。ずっとここにいたいような、はなうた気分。

クリックすると元のサイズで表示します

 「眺めがきれい」なだけでは、説明がつかないくらいの爽快感だ。さすがは日本一の弁天さまがいらっしゃるパワースポットだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ