2015/8/23

玄関にて  建築

橦木館(しゅもくかん)は昭和初期(1926年頃)に、陶磁器商として財を為した井元為三郎が建てた邸宅。

 2階建ての洋館、平屋の和館と東西2棟の蔵、さらに京都から移築された茶席で構成される。1996年(平成8年)に名古屋市指定有形文化財に、2008年(平成20年)には名古屋市の景観重要建造物にも指定された。

 かつて住む者が居なくなってからは荒れ放題だったが、市民グループが借り上げて橦木館の名前が付けられるとともに設計事務所などが置かれ、各種イベントが行われる文化サロンとして使用された。

 その後、名古屋市が土地・家屋を買い上げ事業主体となった。実際の管理運営はNPO橦木倶楽部が行っている。

クリックすると元のサイズで表示します

 エントランスからステップまで。

クリックすると元のサイズで表示します

 なめらかな色石がタイルの様に敷き詰められ、コンクリートで固められた豪華なステップ。

クリックすると元のサイズで表示します

 上を見れば、星形の青い灯りが灯っている。

クリックすると元のサイズで表示します

 白い漆喰に青い星が清々しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 シンプルだけど上品で重みのある玄関。

クリックすると元のサイズで表示します

 巨大なタイル(?ちがうかも?)でアーチが作られ、さりげないステンドグラスも渋くお洒落。

クリックすると元のサイズで表示します

 玄関を入って左手がカフェだ。今日のランチはここで。

クリックすると元のサイズで表示します

 実はもっと早めのランチの予定だったので、朝ご飯を軽めにしていたから、空腹だったのだ。さあ、中へ。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ