2015/8/26

洋館2F  建築

 ドアのデザインは、橦木館のマークか?

クリックすると元のサイズで表示します

 シャンデリアじゃないところが、趣味がいい。

クリックすると元のサイズで表示します

 窓から屋根をみる。複雑な作りだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 井元為三郎氏が、陶磁器商として活躍していた時代のあれこれが展示してある部屋。明るくかわいい。

クリックすると元のサイズで表示します

 ステンドグラスや色ガラスが乙女ちっく。井元さんて、「おとこのおばさん」センスだったのかも(私のサイコーのほめ言葉)。

クリックすると元のサイズで表示します

 見るものが多過ぎて、字を読むのが億劫(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 これは輸出向けの陶器なので、国内にはほとんど残っていないらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 これは米国に輸出され長年愛用していただいた後、みごと里帰りを果たした「たいへん幸運なカップ」ということだ。工業製品ではなく手描きらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 窓を大きくとった、居心地の良さそうな部屋だ。この机も椅子も理想的。マジ欲しい。床のデザインも凝っている。

クリックすると元のサイズで表示します

 角張った肘掛けつきのロッキングチェアー。珍しい形だ。座り心地はどうなんだろう?

クリックすると元のサイズで表示します

 気持よく開け放たれた窓と、少しアールの入った磨りガラス。このさりげないデザインがニクいね〜♡

クリックすると元のサイズで表示します

 昭和初期に大流行したステンドグラスに先駆けて採用されていたのが、橦木館のステンドグラスらしい。事業家魂は流行にも、流行る前から目敏いのだろうか。進取の意気を持っているからか。

クリックすると元のサイズで表示します

 ほんのりとした灯りを放っていた灯りのカバーが、

クリックすると元のサイズで表示します

 繊細すぎる! さすがは「乙女の魂」を併せ持つ男だ(決めつけている・笑)。陶磁器デザインのことも考えるなら、彼に必要な能力でもあるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 窓から、玄関までのアプローチを見下ろす。

クリックすると元のサイズで表示します

 振り返って隣の展示室を見ると、こんな感じです↑


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 この日のFBより

昨夜の暴風でいろんな青い木の実が落ちていた。

実は玄関にも大量の毛虫がたむろしていたので、箒でまとめて踏みつけの刑。どうやら松についていた害虫が風で飛ばされたらしい。見上げると松には虫は見つからず、安堵。唯一台風で益のあったこと。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ