2015/8/28

お座敷  建築

 ぐるっと廊下を回り込んで、お座敷を観る。

クリックすると元のサイズで表示します

 襖を入れたら田の字に区切られるが、襖は入ってなく広々だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 建具の凝りように見入る。障子の桟だって、こんな感じだ↓

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 極めつけはこれ↓ 
 雪見障子みたいに低い部分の横2列をガラスにし、それも下段は曇りガラスで、おまけに太い十字の桟を入れてある。紙の部分だって桟の太さが変えてある。

クリックすると元のサイズで表示します

 襖の入る部分の欄間も、それぞれの意匠が違う。
 松です↓

クリックすると元のサイズで表示します

 鶴です↓

クリックすると元のサイズで表示します

 瑞雲です↓

クリックすると元のサイズで表示します

 ちょっと引いて見るとこんなかんじ。松は一直線に2カ所あったので、3種類。

クリックすると元のサイズで表示します

 おっと、襖の引き手も、とってもキレイなんですよ。床の間にあった(ような気がする)菊の意匠。

クリックすると元のサイズで表示します

 お座敷と廊下の向こうは、こんな風景が広がっている。

クリックすると元のサイズで表示します

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 この日のFBより

 今日はタコと穴子を買いに明石まで。新快速1本で行けるから、遠いのにすんなりと。もよりの駅から99分で到着。運賃は「片道が」青春18キップ1日ぶんなので、半額で行けます。お得!! (詳細は9月のブログにて)
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ