2015/11/8

郷土愛で購入!?  お買い物

 雨の日曜日。

 午後からH氏の提案で、八日市図書館2Fの本のリサイクルショップ「ぶっくる」さんへ、夫婦で本を買いに行く。

 雑誌「あまから手帖」や「ダ・ヴィンチ」BNとか「果実酒入門」とかに混じって、島村洋子さんの「てなもんやシェイクスピア」(単行本は一律50円)をつい買ってしまった。卒論をシェイクスピアで書いたので、どうしても目がいってしまうのだ。

 内容は、
本邦初の試み、パロディ巨編! 誰もが知っているシェイクスピアの「ハムレット」「リヤ王」「オセロ」等の名作6編が、大阪の商店街を舞台にユーモラスに展開する。
 というもの。ずっと前に図書館で借りて読んでいるんだけど、やっぱり持っているべきかもと。

 だって最初の話のタイトルは「ベニスの商人」のパロディで、「近江の商人」なんですから! 「近江商人の歩いた後は、雑草1本さえ残っていない」(ほどガメツい)という言われように爆笑した覚えがあった(うろおぼえだから、正確かどうかは自信無し。でもそんな風な感じのことが書いてあった)

 いや、これワルクチでなく、裏返しの近江愛ではないかと思うんですよ。たぶんね。

 表紙のイラスト、大阪のおっちゃんになりきったシェイクスピアも笑えます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ