2016/1/8

ドヤ顔の誤解  ファミリー

 晩ご飯の夫婦の会話。

私が、「今日ラジオで、クラシックの番組聴いてたら、ゲストに若いチェリストの人が出てはったねん。その人が、北欧の先生に弟子入りしたとき、その先生はどんな曲でも圧倒的に魂に響く演奏をして、終わったら必ず『ドヤ顔』しやはったらしい」というところまで話をした。

 「ドヤ顔といえば、長いこと、まったく違った解釈していて恥ずかしかった。最近ドヤ顔の使い方を知ったんやけど」

 ええっ!? 知らんかったの〜!? こりゃまたバッチリはずかしーやん。

 「ドヤ街のドヤやと思てた。そやしドヤ顔は、ハードな労働でやつれて、腹減って頬が痩けているもんやと信じてた。ドヤ顔になるなんて、かわいそうやなーと思ってたのに、なんか違うかった」

 その誤解の仕方、Kちゃんとめっぽう似てる。さすがは父娘だと感心する。

  
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ