2016/2/1

2日目はオプションからスタート。  おでかけ

 なんとか1月中に一日目を終了させることができた。2月中には東京旅を終わらさねば(当たり前だ!)

 せっかく夜家事も送迎もなく、0時前に早々と(私にとっては)就寝しても、生活リズムとは恐ろしいもので、ほとんど夜中みたいな4時前に目が覚めてしまう(悲) そこをムリヤリなんとか2度寝して、5時から6時まで寝てみたけど、もうひとつスッキリとしないが仕方ない。

 11階からの東京を見下ろす。

クリックすると元のサイズで表示します

 朝焼けだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ミラーになったビルの側面に、朝焼けが映っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 ビルの谷間を行き交う車。

クリックすると元のサイズで表示します

 まだ街灯や信号の光が、夜を引き摺っている朝の東京。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 2日目は23区を出て国立市へ行く予定だが、その前に「時間があれば行きたい」オプションとして考えていた場所に向かうことにする。早稲田だ。

 昨日は東大前まで行き、翌日は早稲田。大学巡りか!?と自分でも突っ込みたくなるが、もちろん目的地は早稲田大学でも、その隣のバカ田大学でもない。

 ターゲットは、どうしても自分の目で見たかったデザイナーズマンション、「ドラード和世陀(わせだ)」なのである。1984年に建てられた。日本のガウディと言われる梵寿綱とその仲間たちの作品だ。1階部分が店舗の6階建ての民間分譲集合住宅になっているらしい。

 梵寿綱自身も早稲田大学の建築学科を卒業、1974年には「梵寿綱とその仲間たち」を結成。「仲間たち」は、鍛冶屋・ステンドグラス作家・陶芸家・木彫造形家・ガラス彫刻家・コンクリート造形家・更に繊細な壁がきを造る浮世絵の木版画家等、日本でも最高の技術を持つ職人たちの集団らしい。

 ほらほら、あなたも「どんなん? どんなん!」と思うでしょう? ということで、センター試験2日目の早稲田へGO!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ