2016/2/17

増上寺で驚きのツーショット。  神社仏閣/教会

 みぞれのような雨が降って、足元が濡れるのを気にしつつ歩く。それにしてもMさんご夫婦の仲良しなこと! ラブラブというよりは、穏やかに打てば響く盤石のコンビというか。

 温厚で気が利き親切なのに、そのユニークさで私の観察ニーズをしっかり満たしてくださるキャラの夫君は、毎回ちょこっとずつしかお会いしていないのに、初回からトリオでもすんなり溶け込めた垣根のない人。数年ごとにお会いしても、そのキャラクターは進化しても裏切られることはない。見た目も美僧のようだし(笑) お二人の関係が春の海のように毎度穏やかで、見ているだけでも心和みましたよ。Mさん、いいひとに巡り会えて、ほんとによかったね!

クリックすると元のサイズで表示します

 煙る雨の中で、赤く瞬く東京タワーに励まされながら雪でぬかるんだ道を歩く。ほどなく増上寺の三解脱門に到着。丁度三人いるから、門をくぐればもれなく解脱できそうだ。ちなみに三解脱門とは、三つの煩悩「むさぼり、いかり、おろかさ」を解脱する門のこと。あ、これってもしかすれば、もともと私たちには薄い煩悩かも?(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

 今回は寺院ではなく、こちらの展示室が目的地。「この紋所が目に入らぬか!」と、徳川家をアピール。

クリックすると元のサイズで表示します

 由来としては、室町時代の明徳四年(1393年)、浄土宗第八祖酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人によって開かれた。室町から戦国時代にかけて、浄土宗の東の要として発展し、安土桃山から江戸時代には徳川家の菩提寺となり、盤石の地位を占める。明治に入って例の廃仏毀釈でダメージを得たうえ、2度の大火に遭うも徐々に復興の兆しが。しかしそれも束の間、昭和20年の空襲によって伽藍を焼失してしまう。それでもなお、昭和46年から4年の歳月と巨額の費用をかけ、復興を果たしたという、波瀾万丈な歴史を持つ。

クリックすると元のサイズで表示します

 そんななか、焼失を免れ国指定文化財になっているのが、この三解脱門。

クリックすると元のサイズで表示します

 いかめしく「浄土宗大本山」と彫りつけてあるが、本家の知恩院の三門を始終見ている私には「東の、ね」と軽くいなせる(おいおい〜)。

クリックすると元のサイズで表示します

 降りしきる雨の中、睨みをきかす鬼瓦さん、ご苦労様です。

クリックすると元のサイズで表示します

 個人的には「門の足元」というのが、どっしりした安定感があって好きだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 明日は「布教師検定試験日」なんだ! 布教師、ウチの夫が定年後になりたい職業だったっけ? あれは説教師だったかな。絶対、向いてると思う(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

 青銅の吊り灯籠に金色で魚の絵文字? 魚市場と読むのだろうか? もしかして寄進されたもの? 境内には、水産会社が建てた魚供養の碑もあるらしいし。

クリックすると元のサイズで表示します

 さあ、門をくぐろう。みっつの煩悩から解放されよう。

クリックすると元のサイズで表示します

 わああ〜! なんというツーショットだろう!!

クリックすると元のサイズで表示します

 雪の寺院と東京タワー! 

クリックすると元のサイズで表示します

 この眺めだけで、なかなか盛り上がった一行でした。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ