2016/6/20

ほとけさまに出会う。  

 実は西野薬師堂の薬師如来さまと十一面観音さまは、今回対面した多くの仏さまの中で、私にとってはスペシャルな方々だった。

 なみなみならぬライブ感を漂わせておられたのだ。これは国宝とか重文とかの区分けとは、まったく別のもので、直に対面するまでわからない。

 そしてそれは、人によっても違ったりするのかもしれない。たまたま個人的に波長があったからなのか、誰にでも感じられるものなのかもわからない。

 単なる「仏像」ではなく、いきいきとした波動や、力強いパワーを肌で感じるほとけさまは、たしかに稀だけれどもいらっしゃる。

 今回の西野薬師堂のほとけさまたちは、そういう意味で、とてもスペシャルな方々だった。

 そしてなんと、7月5日から8月7日まで、湖北のほとけさまたちが団体で「東京藝術大学大学美術館」に長期出張なさるのだ。

 題して「観音の里の祈りとくらし展U−びわ湖・長浜のホトケたち−」

 東京方面の方は、この千載一遇のチャンスをお見逃しなきよう。

 クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ