2016/6/21

西野水道  おでかけ

 ラストは「西野水道」という史跡。田んぼの中の史跡公園だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 「西野水道」は、余呉川がたびたび氾濫するので、琵琶湖に放水路をつくらねば、と在所の僧・恵荘が天保11年(1840年)に掘削しはじめた。難工事だったが、村人たちと力を合わせ、1845年(弘化2年)9月1日に完成した。

クリックすると元のサイズで表示します

 団体だからいいものの、ひとりで来るには、ちょっと身のキケンを感じるような寂しい場所だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 近くの小屋にヘルメットと長靴、そして懐中電灯があるので、自由に借りて水道内を歩いていくことができる。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 私を含め数人はパスしたが、意外にも多くの方々が挑戦したようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 故・児玉清さん風にいえば「果敢にアタックされる」方々に拍手。

クリックすると元のサイズで表示します

 下は新しく作られた水道。どちらも琵琶湖に出るそうだ。古い方と新しい方は平行に抜いてあり、往復する先でトンネルを変え、両方を通られた方もおられる。

クリックすると元のサイズで表示します

 私はムカデ(もしかするとヘビとかも)のいそうな感じと、「トンネル」という場所にあまりいいイメージがないので、迷うこと無くパスよ、パス!

クリックすると元のサイズで表示します

 「掘削」というイメージではないが、ちょっと垢抜けたモニュメントが目立っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 「豊かなむらづくり農林水産大臣賞」を受賞した記念に、ポストプライズ事業により、『西野ほりぬき公園』のメインシンボルとして、この象を建立した」

クリックすると元のサイズで表示します

 むしろ、やや地味なこちらの方が「掘削」をストレートにあらわしている。

クリックすると元のサイズで表示します

 トンネルを抜けないと、ずいぶんヒマなので、片っ端から看板を読む。

クリックすると元のサイズで表示します

 年譜も。

クリックすると元のサイズで表示します

 周辺地形図や水道の概要も。

クリックすると元のサイズで表示します

 そうそう、「大臣賞」で作られたモニュメントに近づくと、「西野水道のうた」が流れていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 楽譜付きなので、一緒に歌えということかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

 なんどもこのモニュメントを見上げては、珍しくひまを持て余し気味だったので、いろんなアングルから写真を撮ってみた。このアングルからなら、全員の存在感が感じられた。(どんだけヒマやったんや!)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ