2016/8/11

辻子を巡るラストウォーク。  路上観察

 古い塀沿いに、まだまだ歩く。

クリックすると元のサイズで表示します

 京都にはこんなお地蔵様の祠をよく見かける。なかにはお地蔵様ではなく、阿弥陀様とかの場合も、まれに見受けられる。

クリックすると元のサイズで表示します

 やっと塀の中に入れました。

クリックすると元のサイズで表示します

 和の建築の向こうには、洋風煉瓦作りの高い建築というアンバランス。この洋風建築は、むろん同志社大学のキャンパス。

クリックすると元のサイズで表示します

 やさしい萩の緑に隠されているが、石のモニュメントには「花の御所」と刻まれている。つまり、ここは室町幕府のあった場所だのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 花の御所の跡地の一部にあるのが、大聖寺。こちらも光照院門跡同様、皇室ゆかりの尼門跡寺院だ。内部は非公開なのも同様。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 それにしても門の外は、門の中以上にミスマッチだなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

 さて、そろそろ今回のツアーのまとめに入る小嶋先生。

クリックすると元のサイズで表示します

 11年間の応仁の乱で、焼け野原になった京都にできたのが、辻子(ずし)という生活道路だった。

クリックすると元のサイズで表示します

 そして十四世紀末、室町幕府三代将軍の足利義満により創建された相国寺は、室町幕府とセットになっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 ところで非公開になっている大聖寺の庭園だが、

クリックすると元のサイズで表示します

 小嶋先生がこっそりと覗き見する方法を伝授してくださった。

クリックすると元のサイズで表示します

 同志社女子の「寒梅館」の上の階にあるフレンチレストランからなら・・・。

 薄暗いアプローチから光と緑のあふれる中庭に出る。驚きと感動の心憎いアプローチだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 フレンチレストランに行かれたのは、ごくわずかの方々。ランチといえどもフレンチはウォークツアーのあとではちょっと似つかわしくない(実はお財布にやさしい方を選択)。私たちは1Fのイタリアンで質素に。どちらも、学校関係者でない一般客もオーケーだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

 質素といえど、基本は学生向けなので、ちょっとカロリーオーバーぎみ。ここでゆっくりと疲れを癒し、近隣を巡る独自な午後の部も追加することになる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ