2016/8/13

映画「団地」  映画/ドラマ

 リアル11日は、京都シネマへ「団地」を観に行く。

 事前に予備知識がなく知らなかったので偶然だけど、「若くして死ぬ」と中身がセットになっていたのを、見終わって知り、ちょっと興奮した。「若くして死ぬ」は「逝ってしまった人」の、「団地」は「残された人」の話。しかも藤山直美というドメスティックなドラマの人が主役なのに、ラストは「壮大」!(笑)

 当然、藤山直美さん演じる「ヒナ子」さんに自在に心をあやつられました。さすが! もちろんそのパートナーである岸部さんの飄々ぶりも♡ そして斎藤工さん・・・ヨカッタ☆ シリアスでありながら、のほほんとした不思議な映画。

 私が好きなのは、藤山直美ことヒナ子さんが、ボーダーのシャツの腕をバーコードに見立て、「ぴっ」「お客さん◯◯ですか?」などとひとり言をいいながら、コンビニのレジ打ちの練習??をするところ。

 その前に年若の店長に「あんた、どんくさいねん!」と罵倒されまくってるのに、めげてないところが、ほのぼの。

 ラストで私の隣の女性が「えっ!?」と声をあげていたっけ。突然思わせぶりなシルエットで終わっちゃうから。これは現実? それとも?って感じかな。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ