2016/9/11

摩尼殿(まにでん)まで  神社仏閣/教会

クリックすると元のサイズで表示します

いい感じに古びた、立派な塀が見えて来た。

クリックすると元のサイズで表示します

 こういう古い道標の文字を読めないのがクヤシー。そういう「学」があればなあ〜と、ないものねだり。

クリックすると元のサイズで表示します

 あ、塔頭寺院だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 中興の祖のお坊様のお住まいだったらしい。お寺の名前は「十妙院」。

クリックすると元のサイズで表示します

 そもそも、わずか16歳で旅立ってしまった少女のために建てられたらしい。そこには、どんなストーリーがあったのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

 石垣の苔むしかたが、いかにもの昔を思わせる。

クリックすると元のサイズで表示します

 文字は消えかかっているけど、「鳥獣保護区」の看板。

クリックすると元のサイズで表示します

 「害鳥獣捕獲のハンターといえども、無断入山を禁じる」。つまり、ひとことお寺さんにお伝えしておけば、殺生も大丈夫ということなのだろうか? 日本語はむずかしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 ステンレスの手すりのカーブがお見事! 作るの難しかったでしょうけど、曲線が樹木と不思議にマッチングしている。ある意味、アートかも。

クリックすると元のサイズで表示します

 「笠塔婆」というものらしい。鎌倉時代の石碑。

クリックすると元のサイズで表示します

 笠塔婆にズーム!!

クリックすると元のサイズで表示します

 石から掘り出された阿弥陀さま。

クリックすると元のサイズで表示します

 おおっ、アーチの古い石橋が。ここから先は神聖な場所であることを示す橋だ。名前は「湯屋橋」だ。えっ?「湯屋」?

クリックすると元のサイズで表示します

 いきなりお風呂場だったなんて! まるで「千と千尋」じゃないの。それにしても、さすがの書写山も荒廃したことがあったのね。

クリックすると元のサイズで表示します

 橋を渡ると、威風堂々と佇む「摩尼殿(まにでん)」が現れる。

クリックすると元のサイズで表示します

 摩尼とは梵語の如意のこと。天禄元年(970)創建。

 本尊は六臂如意輪観世音菩薩で、この堂の創建前、天人が桜樹を礼拝するのを見て、上人が根のあるままの生木に観音像を刻まれた。そのために岩山の中腹に舞台造りの建物となった。本尊六臂如意輪観世音菩薩は、1月18日の鬼追いの日に開扉される。
 国指定の重要文化財四天王立像もここに安置されている。


   (書写山のHPより)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ