2010/8/13

読書感想文。  読書

 一見いいかげんなB型気質かと思いきや、実は生まれながらのA型なので、ブログのチェックは欠かさない。

 「紙魚子の小部屋 パート1」は、もう更新される事も無いので、アクセスはふつう10件程度だ。

 でも最近は20件を超える事もある。なぜだ!? 何日間かアクセス解析をしてみて、謎がとけた。夏休みの宿題の難物、「読書感想文」を検索してやってくる人が多いのである。

 それも山田詠美先生の『ぼくは勉強ができない』に集中している。これは確かに名作だし、ティーンの共感と憧れを同時に満たす作品だけれど、なぜそれほどまでに支持されているんだろう?? もはや読書感想文の定番と化しているのかも。「学校」というものに、こんなに反抗的な小説なのにね。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ