2011/3/8

花粉地獄のカウンタ―  おしごと

 ここのところ気温はぐっと冷え込んでいるのに、花粉の飛散は目に余るものがあるようだ。

 今朝は目がばしばしだった。先週から予期しない鼻血のように鼻水が垂れたりする。それがついに喉にまで来て、風邪を引き込んでいるかのように咳き込んだりもするのだ。鼻炎のクスリを飲んだら、午前中はよく効いていたのだけれど、やはり午後3時頃になると霊験あらたかなヤクの効果も消え失せてしまった。

 ましてカウンタ―である。(たぶん戸外で)本に付着した花粉を、検本(本の間に挟まっているものがないか、パラパラと確認する作業)で胸あたりにまき散らすことになるらしく、カウンタ―では花粉地獄を味わうコトに。

 この鼻水と涙の責め苦は、しかし事務所に入るなり、ウソのように消え失せる。やはり戸外より持ち込まれる返却本が、諸悪の根源なのだ。駐車場から図書館までのわずかな距離と時間に、一体どれだけ花粉がてんこもりになるのであろうか。ナゾである。

 というわけで、一週間が始まったばかりだというのに、すでに週後半戦かのように疲労困憊で帰宅したのであった。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ