2012/3/20

ついに東福寺  神社仏閣/教会

 やっと東福寺目前の臥雲橋(がうんきょう)にたどり着く。東福寺の境内を流れる渓流「洗玉澗(せんぎょくかん)」に架かっている。京都市内でも珍しい100%木造かつ屋根付きの橋だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ところで「洗玉澗(せんぎょくかん)」には3つの橋が架かっている。一番上流側に架かるのが「偃月(えんげつ)橋」、中ほどは有名な「通天(つうてん)橋」で、この「臥雲(がうん)橋」は一番下流側に架かっている。3つとも屋根のある橋廊の形をしており、大変珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 この臥雲橋のおもしろい所は、境内ではあるものの 公道のように一般の自由往来が認められているところ。地元の人たちも行き来している。渡った先には保育園だってあり、幼子のかわいい歌声が響いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 観光客は必ずここで写真を撮る。

クリックすると元のサイズで表示します

 なぜなら、通行するには料金がいるくらいな有名どころ、通天橋が見える絶景ポイントだから。

クリックすると元のサイズで表示します

 この連なる裸の木は、すべて紅葉。紅葉シーズンには恐ろしいくらいの人波だが、いまはオフなので、そこそこだ。もっとも3日間限定の涅槃会シーズンだから、それなりには多いかも。ズームしてみよう。

クリックすると元のサイズで表示します

 「枯れ木も山の賑わい」という言葉が、ふと頭をよぎる風景だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 橋を渡ってしまうと、白壁が続き、壁の向こうから椿が顔をのぞかせる。上から、椿、瓦、白壁、セメント、苔、石垣という層になっている。れんくみさん曰く「竹下夢二の世界」。
クリックすると元のサイズで表示します

 そんな景色を見つつ、ついに東福寺に到着。日下門より入場。
入ってすぐ眼に入ったのが、これ↓
クリックすると元のサイズで表示します

 う〜ん、さすがは東福寺、トイレからして、でかいぞ!・・・って、ちがうちがう! 確かに百雪隠ともいわれる禅宗式のトイレ、東司という建物も東福寺にはあるけれど、それだって室町時代の重要文化財だって!

 これは畏れ多くも座禅専修の道場、禅堂だ。しかも南北朝時代の重要文化財。トイレはこの前を横切った奥にあったのでした。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ