2011/7/18

昭和レトロ  お買い物

 もう10日以上前の話になってしまい恐縮だけど、それはすてきな小さいお店、『クレバービル』に行った。

 ユースドグッズのお店で、お洋服から雑貨まで、あれもこれも素敵なのは、かわいいもの、ロマンチックな物のテイストが、きらっとしゃんとオトナだからかもしれない。しかもお値段はお手頃。

 お店をひとりで切り盛りしているK子さんがまた、それはおしゃれで、楽しい気持ちのよい方なのだ。めいっぱい楽しみながらも、真摯にまっすぐ人生に向き合う姿勢も。実は密かに心打たれたりしている。
 何を買うというあてもなく、わざわざ出向いたのは、店主のK子さんと少しおしゃべりしたかったのかもしれない。

 K子さんは驚異的にセンスのいい方なので、小さなスペースに大量のモノがあるのに、ごちゃごちゃ感がなく、ひとつの不思議な世界を作っている。ちょっとした結界である。

 なんとなく気持ちが行き詰まったり、八方ふさがりを打破したいとき、私は『クレバービル』の扉をひらく。とくになんら解決を見るわけではないけれど、素敵なモノたちに囲まれ、K子さんとおしゃべりしているだけで、なにか晴れ晴れと帰路につくことが出来る気がする。

 その日も、彼女とひとしきりおしゃべりした後で店内を物色(!)して、久しぶりに恋に落ちる。こころをわしづかみにされたのは、カップ&ソーサーの5客セットだ。

 でも値札がない!? どうしても気になるので、お値段をきいてみたら、
「あー!! それ!! 今日入ったばっかりなんです〜!」と、とってもうれしそうな返答が返ってきた。彼女も買い付けただけあった、当然お気に入りなのだ。(たぶん彼女は自分が気に入るものしか買い付けないような気がする。そういう点は妥協しない人だと思う)

 雰囲気は懐かしいのに、モダンな形。渋い色と模様。もう買うしかないだろう。

 ということで、近頃私の寵愛を一身に受けているカップ&ソーサー↓ 

 クリックすると元のサイズで表示します

 薄くてはかなげな風情もまた、なんともいとおしい。

クリックすると元のサイズで表示します
 メーカーは SWALLOW (SONE)。たぶん60年代〜70年代のものなので、私の子ども時代とリンクし、昭和レトロな琴線に響いたのだろうと思われる。
0

2011/6/4

溜め込んだ運が!  お買い物

 西田敏行のCMに操られるように買ってしまった宝くじ。それでも、もしかしたら「溜め込んだ運が花開く」かも?という一縷の望みも持っているのだ。

 ところがそんな一筋の蜘蛛の糸のような望みに、どうやら暗雲が漂ってきた。

 某スーパー○ゼンで、月末の抽選会に初めて参加した5月ラストの日曜日。
「おめでとうございます♪ 3等です!」というオネエさんの明るい声に、うっかりワクワクしてしまった。でも最下は空くじなしの4等だぞ。3等賞は先日バーゲンで買った胡麻ドレッシングだったし。

 本日は巨大ホームセンターを、H氏と思い思いの場所をさまよっていた。するとデンタルコーナーでささやかな抽選会が。デンタル商品を購入する(買い物カゴに入れる)と、スピードクジが引けるらしい。丁度ストックを切らしていたので商品をカゴに入れ、子どものようにわくわくとクジを引く。

 あ、当たってます! 3等です!の声に気を良くするも、景品はコンパクトなキッチンウェットペーパーだ。 一瞬喜んでしまったが、しかし! 

「溜め込んだ運」は、ドリームジャンボ宝くじに全力注入しなくてはならないのだ! こんなささやかな場所でちょびっとずつ「溜め込んだ運」を減らしてどうする!

 ダメじゃないか、私!

 こうなったら加勢を頼むしか無い。

 神棚に置いた宝くじを、仏壇にも置いて、神仏にお願いしよう。

「どうか当たりが出ますように! ーただし300円以外で」
1

2010/10/10

本日の私的任務遂行。  お買い物

 ケーキが4個で999円になるサンキューセールが『不二家』にて開催されているのを折り込みチラシで知り、喜び勇んでお店に出かける。

 ケーキもうれしいが、目的は他にもある。ハロウィンシーズン限定商品として「ハロウィン」「秋の収穫」をデザインされた2種類の『ペコちゃんミニマトリョーシカ人形缶』入手の使命感に燃えてしまったのだ。

 駅前の不二家は、ホントは気前のいいおばちゃん(以前サービスでチョコレートをくださった)がいる平日の方がいいのだけれど、今度の平日休みはちょっと忙しそうなので、やむなく速攻した。パパッとケーキを選びマトリョーシカ人形を探したところ・・・あれれ? 見当たらない?

 広くない店内だけど、こういう時には自力で探さねば!という無益なプライドは潔く捨てて、店員さんに聞くに限る。

 「マトリョーシカのペコちゃんはありますか?」
 はい! と元気よく応えるかわいいおねえさんだったが、彼女も一瞬「あれ?」と躊躇されて、ドキドキ。まさか・・・!?

 「あ、ここにあります」と明るい声が響くが、次の瞬間少しトーンダウンする。「一個だけですけど・・・」

 いやいや1個あればいいのですよ〜♪ というわけで、ハロウィン柄のペコちゃんマトリョーシカをセーフで入手できた。速攻は最大の防御なり。それほど人気商品だったのか?

 これで本日の私の予定は遂行できた。ああ、よかった! めでたしめでたし、である。
0

2010/10/1

購買部を狙え!  お買い物

 Kちゃんが高校に入学して半年が過ぎた。いろんな意味で「たたかい」の連続の高校生活で、凹むこともあるけれど、精神的なバランス感覚のある人なので、転んでも立ち直ってよく頑張っている。

 でも考えてみれば、今年は家族全員が新機軸に突入し、新しい事態に面しているので、それぞれみんなが大変なのだ。だから立場や度合いが違いこそすれ、お互いに「たいへん」なのが実感として分かち合えるので、気持ちを理解し合えるのかもしれない。

 最近、必要に迫られて高校の「購買部」に初めて行ったKちゃん。
「え〜! 今まで行ったことなかったの〜!?」と驚く私。私は女子校だったから購買部は乙女仕様で、小さいながらも選ぶのに迷ったりした。

「だってウチの学校の購買部って、校舎の端っこのボロいとこやし小さいし、おばあさんがひとりでやってはるから、ぜんぜんやと思ってたねん。ほしたら、品揃えがめちゃめちゃよかったし、びっくりした!」

「そら、高校生ターゲットって絞り込めるから、品揃えいいに決まってるやん!」

「そやけど今年の春からリニューアルしたみたいやで」

「入学式のときに購買部のチラシもろたけど、ものすご元気で可愛らしかったで! あれは高校生がつくったんやな」

「購買部にあったポスターも思いっきり可愛らしかったから、あれはみんな高校生が描いたんやな・・・ほやけど、おばあさんが一人でやってはって、パソコンもあるんやけど『こんな感じで』使ってはったし、思わず『スリラー』か?って思った」と、Kちゃんはマイケル・ジャクソンの『スリラー』に出て来るゾンビの手つきをしてみせた。「ウチ替わりましょうか?って、よっぽど言おうかと思ったくらいやった」

 『スリラー』って・・・ゾンビのダンスを思い出し爆笑。

「それで購買部を案内してもらった内部進学の子に『なんでこんないいとこ教えてくれへんかったの!?』って言ったら、『ウチも初めて来た』って言ってはったねん」

 これからは隣町の文具充実店まで足を伸ばさなくても、校内でお買い物ができるので、よかったよかった。
1

2010/9/28

ヨシモトグッズ/普段使い  お買い物

 昨日のクリアファイルはまだビニールに入った新品で、大切に保管されていたものなのだが、今日紹介するものは、まったくの普段使いである。でもこのポップな感じは、なかなかのものだと思う。まず「キューピーと芸人のコラボ」、という着想が素敵。
クリックすると元のサイズで表示します
表と裏、ともにヨシモト芸人コスチューム・キューピーである。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/9/27

ヨシモトグッズ  お買い物

 『面白い恋人』に気をよくして、次なるヨシモトグッズを物色すべくKちゃんの部屋を訪問する。Kちゃんは母親の相談に快く応じてくれ、「ブログにのせるんやったら、これがええんとちゃう?」と、とっておきのクリアファイルを出してくれた。Kちゃんセレクトの逸品である。

 お寿司屋さんで出される湯のみに、魚扁の漢字づくしのものがあるが、そのパクリで笑扁の漢字づくしクリアファイルだ。もちろん創作漢字である。

クリックすると元のサイズで表示します

 日付が邪魔して申し訳ない。笑扁に一で「ピン」、笑扁にニで「コンビ」、笑扁に三でトリオ。画像をクリックすると拡大できます。

1

2010/9/26

大阪みやげ  お買い物

 このあいだKちゃんが大阪に行って、中学生の頃お世話になった塾に立ち寄るための手みやげとして買ってきた菓子折りがある。

 web上で調べてみたら、最近発売されたばかりで早くも話題になっているらしく品薄状態らしい。しかも限られたお店でしか購入できないので、持って行くだけで自慢でき喜んでもらえるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 ネーミングとパッケージは言わずもがなだけど、北海道みやげ『白い恋人』のパロディだ。ネット上の噂によれば、万城目 学さんが映画『プリンセス トヨトミ』のロケの差し入れに、この『面白い恋人』を持って行ったらしい。まー、たしかにバックには大阪城が描かれているから、ぴったりといえばぴったりかも。

 発売元は、かの吉本興行。さもありなん。でもパッケージは珍しくおとなしくて、上品ささえ漂っている。なんばグランド花月や新大阪駅、大阪空港にて入手できるそう。通販はいまのところなし。
 中身はみたらし味のゴーフルだそうで、こちらは賛否両論とか。
0

2010/9/24

ファッションビルの新機軸  お買い物

 昨日Kちゃんは、学校の友達(ファッションアドバイザーとしてお供してもらったらしい)と大阪へお洋服などを買いにでかけた。

 妥協しない人なので、お買い物に行っても手ぶらで帰ることもあるのだが、昨日は珍しく充実の一日だったらしい。「ちょっと高かったけど」(とはいえ5千円以内)のバッグ、厚手のシャツなどを見せてもらった。しつこく「(戦利品を)見せて! 見せて!」と私がおねだりしたのだが、まんざらでもない様子で店開きしてくれた。

 しかも(たぶん)合皮のバッグを買ったら、OLIVEdesOLIVEのチェック赤いトートバッグがオマケでもらえ、モノトーンチェックのシャツを買ったら、グレーのトレーナーを付けてもらえたというのだ。なんということだ! ファッションビルがいつの間にかテレビショッピングの世界へとシフトしていたとは!? 

 バーゲン期間限定なのかもしれないけれど、「なんと、もう1品お付けして!」というテレビショッピングのハイテンションボイスが空耳で聞こえて来そうではないですか!

 ファッションビルは、現在そんなに熾烈を極めているのだろうか? なんにせよ、Kちゃんは大喜びだったので、うれしいことには違いないのだが。
0

2010/9/15

きのうのつづき。  お買い物

 遮光器土偶を大胆にデザインした一筆戔を買ったというのが、きのうの記事である。

 大喜びで買って、帰宅後、家族に見せびらかしたのだけど、みんな大変クールな反応で、がっかり。
 というのが、結びだったのだけど、いや、がっかりするのは、まだ早いかも?と、気を取り直す。

 ここで画像をアップしたら、もしかするとホットな反応をしてくださる同胞がおられるかも知れないではないか!?との淡い期待を抱いてみたのだった。

 土偶一筆戔、こんなかんじです☟


 クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/9/14

遮光器土偶萌え  お買い物

 おととい京都文化博物館で『オルメカ文明展』を見て来た。展覧会自体はとくに心引かれるものはなかった。感想としては、半人半獣のジャガー神って、鬼瓦とか狛犬に似てるなぁ、とか、土偶の人たちってなんだか宇宙人ぽいなあとか、かなり貧しい感想を持ったくらいである。

 むしろミュージアムショップに期待していたかもしれない。南米物産展めいたショップには、なにか面白いものがあるはず!

 ところが期待に反して、心引かれるものが、ほぼなかったのだ。

 とはいえ、二重に円を描く『マヤ暦』デザインのTシャツやクリアファイルはちょっと食指が動いたし、花の香りがしてフルーティな味わいらしい『マヤ珈琲』は、つい好奇心に負けて買ってしまったんだけどね。花や果実を形容されるのは、紅茶なら判るけど、珈琲って!?と、つい食いついてしまったのである。でも、『マヤ珈琲』っていっても、原産国は当然マヤではなく(マヤはずっと前に滅びてしまった)、グァテマラだぞ。しかもパッケージは日本語だ。

 京都国立博物館同様、京都文化博物館にも企画展のショップ以外にも、実は常設のミュージアムショップがあり、過去の展覧会の絵はがきやカタログなども購入できる。そこで琴線に触れるものを見つけてしまった。

 遮光器土偶を大胆にデザインした一筆戔である! たぶん東京で開催された『土偶展』をきっかけに作られたものなのだろう。 

 大喜びで買って、帰宅後、家族に見せびらかしたのだけど、みんな大変クールな反応で、がっかり。私だけか、遮光器土偶に大ウケしたのは・・・。
0

2010/9/12

ひさびさにのんびり。  お買い物

 この3日ほど、連日Kちゃんの文化祭準備による早出のため、5時過ぎ起きを余儀なくされて、へろへろな日々を送っているが、今日でそれも終わり!・・・と思いきや、明日は片付けのため、やはり早出だとか・・・とほほ。
 それでも私はまだ、彼女が出かけた後に爆睡したり、夜に隙をみては何度も短い睡眠を取ったりしているので、ましなのだ。大変なのは、やはり本人である。しかも文化祭スタッフなので、超多忙だし!

 本日は部外者や保護者も学校に入れる文化祭最終日のため、京都に行く。ついでに京都文化博物館で『オルメカ文明展』を見て、その周辺の御池界隈ショップを何軒かのぞいて、久しぶりにオフを満喫する。

 でも一番楽しかったのは、電車での読書だったかも。朝倉かすみ著『そんなはずない』。ものすごく面白いの! 性格の悪い主人公に、なぜか思わず自分にも思い当たるところがあったりして、ズキズキしつつ読むのがやめられないのでした。
0

2010/2/18

商魂たくましい  お買い物

 昨日スーパーに行ったら、「遅れたバレンタイン」も「受験便乗商品」もそろそろ落ち着いて来たようだ。いまや頭脳パンが、パン売り場の目立つ所に置いてある、みたいな地味な感じである。

 しか〜し! スーパーマーケットのポップ企画人をあなどるなかれ! 特に県内チェーン店の「スーパー○善」(全然伏せ字の意味無し!)の陳列やフェア企画やポップは、(私見だが)他の同業者を一馬身抜いているので、油断がならない。

 このスーパーのパッキングされた手作りハムを買おうと思い、ハム/ソーセージ売り場に引き返したときのこと。ハムの売り場に行くと、大きめの短冊型の紙が下げられていた。

 そこには何の説明もなく、ただ

 「公立に強い

 と大きく書かれていた。いきなり、なんなんだ!? うっかり5秒ほど考え込んでしまった。
 でも、公立の公でハムって・・・やや無理矢理すぎないか?

 このポップのせいなのかどうかは定かではないが、手作りハムは売り切れていたらしく、私はハムを買う事無くレジを通ったのだった。
3

2009/10/21

ゴーリー・ヌードル  お買い物

 今日は必要なとき以外は、ひたすらベッドで爆睡。使い物にならない一日を過ごすも、ノルマのみは果たすといったところか。

 そんな訳で、今日の晩ご飯は「鍋」でしかありえない!と判断し、しかも水曜日はポイントが5倍もつく「スーパー丸善」へ、体力の限りをふりしぼり出かける。

 そこであれこれと買うわけであるが、鍋の最後のお楽しみである「うどん」玉を買っていたら、うどんコーナーの位置的にもお値段的にもやや高めのところにある乾麺に目が釘付けになる。

 そのネーミングたるや、エドワード・ゴーリーの本のタイトルみたいだった。

 「恐るべきさぬきうどん」!!!

 シンプルなデザインながら、やや恐ろしげなレタリングのタイトル(?)になっており、こういう度肝を抜くタイトルにありがちな「これでもか!」的派手な扇情句はない。ただクレーマー対策?らしき「茹で時間がかかりますよ」、というようなひとクギがあるだけだ。

 もちろんこれは食べなくてはならないだろう! 

 でも鍋のラストにするよりも、単独で毅然と食したいので、しばらくはおあずけ。鍋のラストは安い玉うどんで充分。すでにおなかは一杯なんだから(たぶん)。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ