2016/7/29

ヘアカット  ファミリー

ほぼ1年ぶりに髪を切りに行った。

肩甲骨くらいまでの髪を肩くらいにまで。

おまけにたぶん20年ぶりくらいで、前髪を作ってみた。

 1ヶ月後くらいには前髪が伸びて、面倒くさいことになるだろうなあ・・・と思いつつも、いろんなひとを驚かせてやろうかと(笑)

 まずは今夜、家族から。

 Kちゃんはさすがに、「ええやん。若くなった」とお褒めの言葉をくれた。

 ところがH氏の反応が解せない。チラ見してる気配なのに、無言。

 なぜ?? 気にいってないとか??

 そして翌日、職場にむかえにきてくれたとき、衝撃のひとこと。

 「散髪行ったら?」

 昨日、行ったわー!!!

 当人いはく、なんか違うな、なんか違うな〜?とは感じていたのに、ヘアスタイル変えたとは思い至らなかったらしい。

 ううむ〜〜。なんでもできる人なのだが、普通のひとでは考えられない箇所が、どっかカンペキに欠落しているのかもしれない(汗)
0

2016/7/26

ひぐらしとポーチ  ファミリー

早朝、庭木に「ひぐらし」がやってきて、その鳴き声で5時前に目覚める(喜)

 でも一度鳴いただけで、飛び去った模様(ガッカリ)。

今日は早起きしすぎてお昼寝必須だな。

 娘が最近買ったポーチがあまりに可愛いので、「おんなじの買ってきて!」とお願いして、ついに入手。京都駅のキューブにて。

クリックすると元のサイズで表示します

 雨のすずしい一日。
0

2016/7/25

体力年齢  ファミリー

 お中元を持って実家を訪門。

 両親は元気だったけど、2人ともちょっと痩せたかな・・・?と気になった。

 でも缶ビールひとケース持って、30段以上ある石段を軽々と下りる82歳に、体力年齢完敗。

 くやしいような、うれしいような。
0

2016/7/18

父娘の会話  ファミリー

 昨夜の話。

 シュウカツが終わったら、娘は友達に誘われたモンゴルに行く予定。

 「モンゴルは星がきれいらしいで!」とロマンチックな父が教えてあげたら、現実的な娘は「星に一切興味ないし」と一刀両断(汗)

 チョー仲がいい父娘なのに、珍しく一瞬すれ違うけど、そのあとは2人のスピーディーな会話のラリーに、母、ついていけず(笑)
0

2016/5/20

帰って来たKちゃん  ファミリー

 昨夕、やっとKちゃんが東京から帰って来た。複数の2次面接をこなし、「下北沢ぶらぶら」を楽しみ、17時すぎに帰って、家でゴハンを食べて、18時過ぎにはバイトに出かけるというハードさ。そのうえ明日はゼミ発表らしい。

 そのゼミ発表の準備をホテルでするため、東京へは参考文献数冊にノートパソコン持参で、見た目ちょっとした家出少女だ。なのに伊勢志摩サミットの警備のためロッカーが使えず、大荷物で東京を徘徊したらしい。

 おまけに1日目の夜には地震が起こったので、念のためエレベーターを使わずにどんなに高い階でも階段利用したので、ますます大変だったそうだ。ここまでくれば、ほぼ体力勝負の競技のよう。

 初日の大きめの地震には、さすがにひどく動揺したらしい。「でも家に電話したら負けや」と意地でも連絡しなかったとか(おいおい、「負け」って・・・汗)。
 しかし「これではあかん! リラックスせな!」と思い直し、翌日に映画「HK 変態仮面」(パート2だと思われる)を見に行ったとか(別の意味でヲイヲイ!!)。「HK」は福田雄一監督のコメディ怪作だ。

 朝ドラ「花子とアン」で、花子の上品で知的で優しい理想の夫役の鈴木亮平が、まさかの「HK」の主役。以前、彼女がレンタルした「HK」を、彼女と一緒に見た私は、そのギャップに先ず驚いた。一般向けの劇場や映像でヘンタイを演らせたら日本一と思われる池田成志も見どころ。
 彼女の思惑どおり映画館を出る頃には、すっかり平常心になっていたとか。しかし若干21歳で自分のコントロール方法を熟知しているとは・・・(汗)

 せっかくの東京なので、今回はシモキタに行ってお芝居見よう!と勇んで出ては来たものの、あまり食指が動かない出し物だったので、お芝居はあきらめ、ぶらぶら歩きに変更。でも若い女子らしく、下北沢の雑貨屋さんでトキメキ、古着や小物(かわいい中にも、ひとヒネリもひとクセもあるのがいい)を買ってきたと喜んでいるフツーな女子の顔も持つのだ。

 そんなこんなを、ゴハンを食べるのを含めての1時間の間に、しゃべるわしゃべるわ。PC画面を見つめて仕事をする一般OLの仕事は、ゼッタイ無理!というのもわかる。ひととしゃべる仕事でないと、やってられへんやろな、彼女は。

 そういえば以前、「筆記はあんまりできひんかったけど、大喜利は一番やったという自信あるねん」って言っていたことがあったっけ。しかし、対面試験が大喜利って!?

 ひさしぶりに会うと、いかに彼女から刺激をもらって大笑いしているかを痛感する。Kちゃんが家を出た時、ボケんようにせんと。いまから娘不在でも刺激的な日々が送れるよう、対策を考えておかねば。
1

2016/5/18

家族間メール  ファミリー

 今週はKちゃんが数日東京に滞在してのシュウカツ。やはり彼女が不在だとネタがないな・・・。

 そうだ、昨日からの家族間メールをネタにできる! メールといってもわが家では、携帯のショートメールで充分。

 昨日は業者さんに来てもらって、雨水タンクの不都合な箇所を見てもらっていた。すでに夫が業者さんにメール連絡をしていたが、念のため「何か聞いておくことはないですか?」と送っておいた。

 返事が「有馬温泉」。返しは「了解人間」。おじさんおばさんのギャグは、「普通に返したらおもろないし」というサービス精神はあるけど、ひねりがなくて、つまらんなー。

 たぶんギリギリの所持金で東京に行ったKちゃんに、いくばくかの振込をしてあげたことをメールで連絡したら、拝む絵文字とともに、

 「ありがたきしあわせ」

 と、返って来た。

 そして「きのうHGに会いました」とも。

 おお!と思ったが、いったいどういうシチュエーションだったのか、帰って来たら詳しく聞かなくては(笑) さすがは東京である。

 

 

 
0

2016/5/13

ぴよりんと帰る。  ファミリー

今日は名古屋で就職活動のKちゃん。珍しくお土産をかってきてくれた♡ 

 ケーキの箱をあけたら、あまりのかわいさに思わず爆笑。

 ショーウインドウをみたら、目と目が合ったので、思わず買ってしまったらしい。名前は「ぴよりん」。かわいい、そしてとってもおいしい♡♡ 

 「ぴよりん」は、2011年7月生まれのひよこ型プリン。名古屋コーチンの卵を使ったプリンを上からババロアが包んで、さらにスポンジプラムでコーティングしてあるという凝ったものだ。クチバシやトサカはパリパリのチョコ。

 JR名古屋駅「カフェ ジャンシアーヌ」(中央改札口前)で販売されているそうです。名古屋におこしの節には、ぜひ連れて帰ってあげてください。

クリックすると元のサイズで表示します

(写真提供/Kちゃん)

1

2016/5/8

母の日に  ファミリー

7日の夜のはなし。

 面接で大阪に行った娘は、帰りに卒論の資料になりそうな本を物色するため紀伊國屋書店に立ち寄ったそう。そこで

 「いいものを見つけたし、明日は母の日だからプレゼント」

 と渡してもらったのは

「びじゅチューン!シール&ポストカードブック」

 まず「びじゅチューン」だが、これはNHK-Eテレの5分間番組だ(日曜17:55-18:00 )。世界の「びじゅつ」をユニークな歌とアニメーションで紹介。5分枠で、著名な美術作品をテーマにした1分半前後のオリジナルソングを解説を挟み放映している。このオリジナルソングは、作詞・作曲・アニメ・歌のすべてを映像作家の井上涼が制作をてがけるそうだ(ウィキペディア参照)。

 この番組の評判やユニークさには興味を持っていたが、実は私もさほどには番組を見たことが無いので(ユーチューブでは、過去にいくつか見た)、HPを開いて現在見られる過去放映された動画をいろいろ見た。

 個人的には「ランチは地獄の門の奥に」や「武蔵の遅刻理由」「Walking!ニケ」「保健室に太陽の塔」とかが好みです。で、見るとイラストの意味が判明して「なるほど〜」と納得。辛そうなムンクの「叫び」ラーメンも食べてみたい。

 カバンにいれて持ち歩いているほど、お母さんは喜んでいます。どうもありがとう、Kちゃん。

 ちなみにKちゃんからの「母の日プレゼント」の話をしたら、夫は「自分もなにかしなきゃ」と思ったらしく、夜に海鮮の美味しいお店「新鮮組」で、ごちそうしてくれました♪ へへっ、言ってみるもんだ♡

 追記:悲しいお知らせ。
せっかく見つかったカメラですが、どうも息絶えた模様でした(涙)
0

2016/1/13

千切り大根  ファミリー

と、女性陣がおしゃべりに明け暮れた日、H氏は「千切り大根づくり」に日中費やしていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 この働き者!

クリックすると元のサイズで表示します

 夫婦ともに、けっして万全なカラダではない上、加齢につれて運動能力や身体機能が目に見えて落ちて来ているので、「いまのうちに、できることやしたいことを」と思っているのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

 果実酒づくりや「かぶら寿司」(これは私の仕事だが)を含めて、保存食づくりが好きだからなあ。消費するのも、人にあげるのもね。

 ビニールハウスでの作業、たいへんにご苦労様でした。千切り大根を干すのには、あたたか過ぎるかなと思っていたけれど、折よく寒くなって来て、よかったよかった。

 
2

2016/1/8

ドヤ顔の誤解  ファミリー

 晩ご飯の夫婦の会話。

私が、「今日ラジオで、クラシックの番組聴いてたら、ゲストに若いチェリストの人が出てはったねん。その人が、北欧の先生に弟子入りしたとき、その先生はどんな曲でも圧倒的に魂に響く演奏をして、終わったら必ず『ドヤ顔』しやはったらしい」というところまで話をした。

 「ドヤ顔といえば、長いこと、まったく違った解釈していて恥ずかしかった。最近ドヤ顔の使い方を知ったんやけど」

 ええっ!? 知らんかったの〜!? こりゃまたバッチリはずかしーやん。

 「ドヤ街のドヤやと思てた。そやしドヤ顔は、ハードな労働でやつれて、腹減って頬が痩けているもんやと信じてた。ドヤ顔になるなんて、かわいそうやなーと思ってたのに、なんか違うかった」

 その誤解の仕方、Kちゃんとめっぽう似てる。さすがは父娘だと感心する。

  
2

2016/1/6

しおみくん  ファミリー

 息子Tくんが帰省した翌日、私の健康診断のときの数値(いくつか高めだけど正常範囲内)とH氏の人間ドッグの数値の一覧を見てもらい、改善すべき点を指南してもらった。彼は医療関係の施設で健康相談や健康維持の体操指導もしているので、この機会に家族内資源を利用しない手はない。

 それに子育て後のわたしたちの仕事は、自身の健康管理に移った。おばあちゃんは心臓肥大以外は持病がなかったので、その点でも介護負担は少なく、とても助かっていたのだ。エイジレスや老後のはつらつ元気には興味がないけど、せっかくの無職なので、心身の健康維持を「ささやかな仕事」にできるじゃないかとも思ったからだ。

 結果的に「明らかに食生活が問題だから、減塩して砂糖を控えるように」と、具体的な数値目標まで教えてもらった。そのとき「減塩に便利な体温計みたいものがあるから、買ってあげる」と、ありがたいお言葉もいただく。

 ネットで即その場で注文してくれ、早くも翌日届いた。もう、なんていい子なんだ! 親の顔がみたい。

 「これこれ! それにしても安くなったなー! 職場で買ったときはひとつ5万やったのに」。今回は送料をのぞいたら3500円である。1/10以下だ。

 名前は「しおみくん」。30℃〜90℃の液体(どろっとしたものはダメらしい)にいれて計る。

クリックすると元のサイズで表示します

 煮物もお味噌汁も、ギリギリ美味しい範囲で薄めを心がけているので、そのあたりはセーフ。でもH氏の方は、漬け物や塩辛系が好きだし、お刺身でも醤油にしっかり浸すので、そこがデンジャラスゾーンなのだろう。私はむしろ「砂糖控えめ」の方を心がけないと。
 しかし最大の問題は私のボケボケぶりだという声が家庭内から聴こえてくるが、今回は検診数値の話なのでそれについては割愛させていただく。

 ところで「しおみくん」の電池の減りは、案外早いので、ボタン電池の予備を買っておくようにとのこと。「しおみくん」自身の食生活は、至って暴飲暴食ということらしい。紺屋の白袴、灯台下暗し、ということなのか。
1

2016/1/5

エントリーシートを却下。  ファミリー

 そろそろ就職活動のスタートが近づいて来たKちゃん。すでに就職ガイダンスは始まっている。

 そのなかでエントリーシートを書いてみるというガイダンスがあったが、Kちゃんは就職課のスタッフQさんにえらく怒られたというのだ。彼女自身は怒られたことに対して、えらく憤慨していた。「うちの渾身のエントリーシートやったのに!」と。

 就職課スタッフQさんの逆鱗に触れた箇所はこれだ↓

 趣味を記入する欄に

「私の趣味は下のうち、どれでしょう? @◯○ A△△ B□□」

 と書いてから、

「正解は面接でお答えします」

 と結んだらしい。
 
 面白過ぎる!

 Qさんは「そんなハイセンスなこと、求めていません!」とおっしゃったらしいので、「ハイセンスやてわかってたら、怒らんかてええやんな〜?」とKちゃんがこぼしていた。

 H氏が帰って来てから報告したら、「この面白さがわからんような会社は、行かんかてもええ! エントリーシートは、全部それでいったらええんや!」と、さすがの応答だった。

 この言葉をKちゃんに伝えると、最上級の微笑みを返してくれた。ひとりではない、理解者がいるというのは、素敵なことなんだとつくづく。 
1

2015/12/30

押し詰まる頃ものんびりと。  ファミリー

 今日はめったにない夜の外食予定だったので、6時までびっしり掃除をすることができた。ありがとうH氏。

 親子3人で近江八幡の「新鮮組」で美味しい鮮魚の定食(H氏は「おまかせコース」)をいただき、美味しくて楽しいひととき。店の大将に中学生と間違えられた娘を駅まで送ってしばしお別れ。都会で家出娘と間違えられないか、ちと心配。私も大学生のとき、京都駅で補導されかけたので。

 帰宅後はウソの様にのんびり。夜の外食で、今年最後のリフレッシュ♡
1

2015/12/29

年越しは新婚気分で?  ファミリー

今年の年越しは、なんと夫婦ふたりだけに確定! なんと結婚後初めて!のふたり年越し。まるで新婚さんみたいだ(笑)

 Tくんは仕事で大晦日〜お正月は宿直とのことで、年明けにしか帰れないとちょっとしょげ気味に電話があった(家が大好きな人なので)。

 娘は福山雅治の年越しコンサートで横浜へ(その前にちょびっと鎌倉観光も)。いままでなら絶対ゲットできなかったチケットが、彼の結婚を機に倍率が少し下がり入手可能になったのだとか。
 お目当てのスターが結婚したら熱が冷めるという件については、「みんななんて心が狭いんや!」と、小学生の時から一途にファンの彼女は憤っておりました。いやまあ、だからこそチケット入手が可能になったのだから、複雑ではあるんだけどね。

 今日久々に『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』を観て、やっぱりゲストの堤真一さんはやってくれはるわ〜♡ 彼なら「やってくれはる」という確信はあったけど、期待以上のコント力に大満足。やはり私の(男を見る)目に狂いはなかった。そして内村光良さん直々に、次のオファーまでいただけるとは(笑)
0

2015/12/28

まとめてみました。  ファミリー

 今年は年末の仕事メニュー自体が少ないこともあって、時間がある時にはただただ掃除。片付け。それもしゃかりきでなく、目についた所からカタツムリのような速度でやるので、悲しい程目立たない。たぶん31日になっても「見た目すっきり」じゃないだろうなあ。

 24日のイブには、家でH氏と「ふたりすき焼き」。2人なので牛肉食べ放題だ。

 25日にはKちゃんが、高校の生徒会メンバー有志とクリスマス会。鍋を食べてケーキを食べて、酒飲み放題。外での飲み会では、ほぼ裏幹事なKちゃん。酔った子を送って行ったり、気分の悪くなった子の面倒見たり、来なかったメンバーのキャンセル料を立て替えたりしている。飲み残しは許せない性分らしく、しっかり飲んで来るらしいが、そんなわけで酔っぱらうわけにはいかない。
 でもこの日は自宅なので、しっかり酔っぱらっていました(笑)
 あとで聞いた話だけど、この日来たメンバーのひとりが本の好きな子で、「面白そうな本がいっぱいあって、天国みたいなとこ!」と喜んでもらえたのが、個人的には一番嬉しい。
 
 26日にはささやかなクリスマスコーナーを撤収したあと、3時間程は庭木を刈り込んだり、落ち葉を掃いたり、雑草を除去したりと外仕事。刈り込み鋏を使い始めると、没頭してしまう。私だけでなくH氏もね。

 27日は年末年始の間の食料の買い出し。次はポイント5倍の30日に今年最後のお買い物の予定。市内にある観光お土産施設「鮎屋の郷」で鱒の甘露煮やワカサギのからあげなどを買い、大中の農家の直売所で野菜を買い、あとの必要な品はスーパーと、一巡する。

 というなんてことない、でも例年になく「ゆるい年末」を過ごしております。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ