わたしたちは、子育て真っ最中の普通の母親達です。 月に一回、寺内定夫先生(財団法人文民教育協会理事長)をお迎えして、語らいの子育てについて学んでいます。 親子の絆が、穏やかに、深まるように・・ 子どもと接することが、多くの発見と豊かな感性を育み、楽しみに満ちたものであるように・・ わたしたちも、日々、努力しているところです。 おもに八王子市台町市民センターで活動しています。 子どもの感性、子育てのヒントを学ぶことはもちろん、子育て真っ最中の仲間たちとつながる場になっています。

2008/11/10

お父さんのことを子どもに語る  研究会・1

11/10(月) 1グループの研究会を行いました。
今回は、代休で休みだった小学生の子どもたちがいたことと、
飛び入りで、お父さんの参加があったことで
ふだんとはまた違った雰囲気での、研究会でした。

今回のテーマは、『お父さんのことを子どもに語る』

この課題は、夫婦の信頼関係とお互いの敬愛の気持ちがあってこそ
成り立つ課題です。
子どもの年齢によっても、伝えたいことが違ってくる難しさもあります。

記録は、かなり個人にたちいった内容でしたので、全体から感じたことを
記してみます。

 父の克服力
 子どもに育てたい力のひとつ、チャレンジする力にかかせないのは
 ものごとを克服していく力。
 実生活の中では、ものごとを達成することより、克服していく
 ことのほうが、はるかに大変だし、その機会のほうが多い。
 それを考えると、父親の投げない姿勢(克服力)を見せるのは
 とてもいい。

 夫婦の中の個の問題
 夫婦であっても、”個”を持っている。
 信頼と敬愛で、個を包みこむ → それがお互い認めあう ということ

 なにで信頼を築くか?
 子が、父はすごい!と思うことが、たとえば、学力や経済力だったとき、
 その思いは崩れることがありうるし、崩れたときショックが大きい。
 学力や経済力ではない、信頼を築く必要がある。

内容的にも深く考えさせられる課題で、中味の濃い話が聞けた研究会でした。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ