2012/9/4

講師として・・・  

クリニックでは腸の炎症の病気の患者さんも
多くの方が通院されて診療しています

自分が研修医の頃から勤務していた大学病院の外科が
日本でも有数の炎症性腸疾患症例を診療していたため
この病気の治療を勉強してきたのがはじまりです

当時からクローン病に経腸栄養療法という日本独特の治療が
取り入れられ患者さんのQOL向上に役立っていますが
最近科学の進歩でその効果の原理的な部分がわかって来たようです

今日は成分栄養剤の製薬会社でのディスカッションに
講師として参加しました

これまでの治療法が科学的にその妥当性が実証されて
間違ってなかったと改めて安堵したところです

クリックすると元のサイズで表示します
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ