2012/7/11  14:25

映画「SHIGEOH」公開決定!!魂のロードショウ!!  
Tokyo story シアター3階 映画館にてにて7月14日〜31日迄

映画「SHIGEOH」公開決定!!魂のロードショウ!!

入場料 1000円

場所 Tokyo story cafe 3階 シアター

問い合わせ 048-424-5369

■プレゼントのお知らせ

7月末日迄御来場の方、ワンドリンクをプレゼント!

■トークショーが決定いたしました!

7月14日(土)16:00時の回上映後 トーク
ゲスト:山溝監督

*14日のみ16時だけの上映となります

17,21,24,28日は11時からの上映となります。

10:00〜12:00

15:00〜17:00

18:00〜20:00
11
タグ: 映画 カフェ

2012/7/10  11:58

ソルジェニーツィンとの対話  
story
1998年/フランス/180分(90分X2)
『収容所群島』『イワン・デニソーヴィチの一日』でノーベル文学賞に輝くアレクサンドル・ソルジェニーツィン(1918年〜2008年)は、1974年に旧ソ連を追放され1994年に国名がロシア連邦となった祖国に帰国。本作は、ソクーロフとの間でアメリカでの暮らしに始まり文学・宗教・政治など多岐に渡り対話した、刺激的で貴重な記録である。

評論

作家アレクサンドル・ソルジェニーツィンとソクーロフが会話をしながら森を歩く。
それだけで映画的になる奇跡が生まれる。二人の才能がいるだけで映画になるというそして二人の登場人物がいるだけで映画が作れるという勇気をくれる作品である。
ドキュメンタリーというと手持ちカメラをイメージすると思うし手持ちカメラを使っているがソルジェニーツィンが見上げたときに空のショットが入る、、、圧倒的に映画的な瞬間が訪れる。二人の議論が静かに白熱するだけでアクションを感じる。
その衝突が最高潮になったとき沈黙が続く「、、、」そしてゆっくりと歩き続ける。
二人の哲学の会話を聞くだけで音楽を聞くよりも心地よい。
とにかく内容がないとか理解できないとか物語がないとかふぬけたヤツ程見るべし
最高のオナニー映画の到達点だ!!
必ず人生を教えてくれる。

限りなく5に近い星3つだ!!(ソクーロフには完全な映画があるため3としました)
8

2012/7/4  16:06

一人のために、、、  
映画を作る。
とにかく全てこの世の中から逃げることを辞めたかった、、、
とにかく何をするにしても楽しくなかった、、、
自分が生きていながら死んでいた全てを人のせいにして孤独を味わっていた、、
とにかく進みこのお金で汚れた世界で生きて行く決心をしなければならなかった、、
映画を撮った、、、
人が眩しい、、、
やさしさが、、、
愛が、、、
憎しみが、、、
死が、、、
映画を撮り終え、、、
一瞬の喜びと一気の憎しみが湧く、、、
SHIGEOH?
わからない?
物語がない?
駄作だ!!
体が蝕まれ筋肉が硬直して頭が痛いシゲオが歩きだすことを遮断される、、、
一人の救世主が現れ3人の救世主で劇場公開が決まった。
10人のうち3人だ私の映画ファンは3人だけ、、、
それだけで生きて行けた、、、
そして映画が公開された、、、
同じ事の繰り返しで地球がまわる、、、
私は映画を見つけた、、、
みなさんは、、、
一人のために、、、
それだけでいい、、、

11
タグ: 映画

2012/6/28  16:44

むむむ  
9
タグ: 映画

2012/6/27  21:25

中身がない?  
最高の褒め言葉でございます。
8
タグ: 映画


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ