2010/6/24

シミについて(*^^)v  * Q&A

いつも拍手コメントありがとう存じますv▽v
ご質問もいただきながら、遅くなりまして申し訳ございません'_';
まとめて編集しておりましたが、たくさんのご質問で、
長くなってしまいましたので、少しずつ掲載させて頂こうと存じます。
【Theodore】

2010/6/2 8:10
Q、シミの原因のひとつに「擦れ」もあると聞きましたが如何でしょうか?


アンチエイジングが流行の中、
シミを作りたくない! 出来たシミを消したい! シミを取りたい!
シミのない、美しい肌を取り戻したいと思う方は、多いと存じますv▽v

シミの予防には、日頃からシミ対策を心掛ける事が、
シミを作らない身体への第一歩と言えます。

一番簡単な対策として、衣類などこすれて皮膚に影響を及ぼすものなど
刺激を避けることが大切です。

肌着が皮膚にこすれただけで、かゆみになります。
皮膚を掻いててしまうと、その部位がカサカサになり、荒れてシミの原因になります。
皮膚を守る為には、室内の乾燥をぐことも大切です。

下着の跡が痒くなったら、早めにクリーム等のケアが必要です。
美白効果のあるスキンケア用クリームは、鎮静効果もありますので、
ご使用になるのもよいと存じます。
ただ、パーフェクトケアではありません。

その他にも化粧品が肌に合わずかぶれたり、ニキビ跡・炎症跡、
妊娠などによるホルモンバランスの崩れ、加齢による肌の老化などが
シミの原因としてあげられます。

一般的なシミ取り方法としては、食生活の改善、
シミに効果のあるビタミンCやサプリメントの摂取、
UVカット商品・シミ取りクリーム・美容液など化粧品の使用、
しみを目立たなくさせるメイク、シミ取り用医薬品の摂取等々。

治療法としては、レーザー治療、フラッシュ光線治療、ケミカルピーリング、
フォトフェイシャルなど皮膚科、形成外科、美容整形などでのシミ取り。

必ず効果があるかは、人によって異なりますので、ご参考までに。
いづれにしても、日頃からシミを作らない対策が大切のようです。


♪関連情報…次回掲載予定♪
カエル シミの原因の一つに、間違った洗顔方法があります。
カエル 正しい洗顔方法でトラブルのない肌を作りましょう。


スパークスパーク人気ブログランキングに参加していますスパークスパーク
 人気ブログランキングへ
スパークスパークスパークいつも応援ありがとうございますスパークスパークスパーク

35



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ