大阪、西天満にあるギャラリーです。
1969年の創業以来、現代美術の作品と西洋アンティークを中心とした骨董を扱っています。
ジャンルにとらわれない様々な美術品をご紹介しています。

2017/7/20  16:26

作品紹介 さかなクン  ART

セミの声が聞こえ、暑さがいよいよ厳しくなってまいりましたヒマワリ
皆様お変わりありませんでしょうか?

さて、本日は日本の魚類学者であり、タレントの
さかなクンの作品をご紹介させて頂きます

私のイメージではさかなクンはバラエティー番組で魚のことを面白く、
わかりやすく伝えておられるイメージですが、
実はイラストレーターという一面もお持ちであることを皆様ご存知でしょうか?

「さかなクン気球にのって」

クリックすると元のサイズで表示します
画面サイズ 25.5 x 39 cm / 額サイズ 43.5 x 55 cm

イラストレーターになるきっかけは、なんと寿司屋さんのアルバイト!
店内で魚のイラストを描いていたら他店舗や企業から絵の依頼が舞い込むようになり、
アルバイトを継続しながら兼業イラストレーターとして活動を始めたそうです。
現在は広い世代に魚について理解をして欲しいという思いから、彼は難解な言葉を極力使わない解説や
自作のイラストを用いるなどの工夫を心掛けているそうです。


とにかく細部までぎっしりと魚が描かれており、魚たちの特徴や表情が異なるので
見比べる楽しさがあります。また、色彩も鮮やかで海の青色がとても涼しげに感じられます。
ぜひお子様とご一緒に見に来て頂けたらと思います(^^)
皆様のご来廊を心よりお持ちしております。
2

2017/7/19  18:15

作品紹介 元永定正   作家紹介

展示作家紹介
クリックすると元のサイズで表示します
元永定正「あみめのうえにあかみどり」36.5 x 25.5cm 額59 x 47cm
今回は元永定正(1922〜2011)三重県生まれの画家の紹介です。
 芸術家としての活動の始まりは戦後の日本美術を代表する大きな動きである、具体美術協会という団体に参加する事からでした。具体美術協会とは1954年に吉原治良を中心に兵庫県で結成された前衛美術団体で、白髪一雄、田中敦子、金山明ら日本を代表する作家が多く関わり、近年では海外でも高く評価されています。
そこで元永さんは芸術の枠にとらわれない自由な表現に触れ、自身もまた印象的な作品を発表し、注目されるようになりその後多くの素晴らしい作品を残していきました。
 元永さんの作品はイワユル抽象絵画です。何を描いているか分からない、ピカソみたいなといわれる系統の作品です。そこには理解を超えた深層にある感情や、表現しきれない壮大なストーリーがあると思ってしまいます。しかし元永さんは作品について「これは何を描いているのですか?」と訊かれた時「これは絵画を描いています。」と答えたというエピソードがあるそうです。この事は絵画を学んでいた僕にとってはとても衝撃的でした。絵画とは崇高な思想があるものだと思っていました。しかしそういった小難しい考えをいとも容易く吹っ飛ばし、絵画はキャンバスに絵の具が塗られたものと言いながらもそこからは力強いメッセージがあるように感じます。それは自由な発想で、絵画そのものに対して楽しくそして誠実に向き合っているからこその事だと思います。
 只今展示中の作品「あみめのうえにあかみどり」なんとも元永さんらしいタイトルです。この作品は1992年元永さんが70歳の時に作られたシルクスクリーンの作品です。長い経験から生み出された色と形は洗練されながらも、配置や形の大小、線の太さによって絵画の中に奥行きをつくろうとしたり挑戦の後があるように見えます。本日は絵画を最も自由に楽しんだと言える画家、元永定正さんの紹介でした。
山木美術ではただいま常設展示中です。展示作品以外にも元永定正氏のシルクスクリーン作品を数多く取り揃えています。みなさまのご来廊心よりお待ちしております。
2
タグ: 元永定正

2017/6/7  17:41

展覧会のお知らせ  ART

扇田 克也 展 -鋳玻璃-

期間:平成29年6月12日(月)〜24日(土)
時間:11時〜18時半まで(最終日のみ17時閉廊)
※日曜日休廊


 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します

鋳玻璃(いはり)という呼び名を自作のうつわに与え
ました。鋳玻璃は粘土原型からのカタチと、石膏型の鋳肌の特徴などを持ち、
独特のたたずまいを感じさせる、鋳造によるガラス
作品です。そこにある存在感とその表情、それに至る
工程を含め、鋳玻璃と呼ぶにふさわしい自分だけの
造形を探っています。

今回は鋳玻璃のうつわ IHARIKI、壁の作品 TABLEAU、
そしてHOUSE の新作を出品します。

扇田克也



初日は17時より作家さんを囲んで
オープンパーティーを行います。
皆様のご来廊を心よりお待ちしております!
0

2017/5/9  11:09

展覧会のお知らせ  ART

 

 五月晴れの空に木々の緑が美しい季節となりました。皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。
山木美術は5月9日(月)から開廊しております(^o^)!

さて、山木美術では「中島勝乃利 回顧展」が始まります。
期間は、2017年5月15日 (月)〜31日(水)
時間は、11:00〜18:30(土曜日17時まで)です。

生前の中島勝乃利先生の作品は独創的でユーモラス、自由な発想の陶芸で今でも私たちファンを魅了し続けています。
中島先生はメキシコで陶芸を教えていた経験もあり、その経験が創作に大いに影響しているのか、日本の伝統的「陶芸」にとどまらないおおらかさと懐の深さを作品に感じます。この展覧会が皆様の心に残るものになりますよう願ってやみません。                          
店主敬白


経歴
1963    愛知県瀬戸市に生まれる
1981    瀬戸窯業高校デザイン科卒業
1983    瀬戸窯業高校陶芸専攻科修了
1986-91 メキシコ・トルーカ陶磁器学校勤務
1994   瀬戸に工房を開設
2014   逝去 享年51歳


皆様のご来場、心よりお待ちしております。
0

2017/4/28  11:59

ゴールデンウィーク  

皆様、初めまして。
初投稿させて頂く、shidukaです^o^
4月からこちらで働かせて頂いております。
至らぬ点も多々あると思いますが、今後ともよろしくお願いいたします!


さて、ゴールデンウィークも間近となりましたが、皆様なにか予定を立てられましたか ?
山木美術では明日4月29日(土)〜5月7日(日)までゴールデンウィークに入らせて頂きます。


皆様も良い休日をお過ごしくださいね!


※山木美術は5月8日(月)から開廊いたします。常時展覧しておりますので、ぜひお越しくださいませ。
0
タグ: 山木美術 Yamato



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ