2014/2/27  8:46

過ぎさった想い出に  告白

とある、大切な人といっしょに飲みたくてとっておいたんだけども、

運命の歯車が微妙にすれ違って、幻のように飛び去ってしまった。

夢は、夢のまま終わるほうが美しいとたまに聞きつつも、

触れないと気が済まないタチのあたし。

はじめて、夢は幻のままのほうがよかったと、情けないことに悔やんでしまった。

でも、やっぱりそうでもないか、と考え直したり。


シャトー・ピュイゲロー

太陽の想い出に

クリックすると元のサイズで表示します

 ← ランキングになってます♪



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ