2012/6/1  13:20

まだまだ修行中!そしてその先へ  エロスSM

最近、いろいろな方々のブログやサイトなどを見ていて、

当たり前けど、わたしは全然まだまだ修行中すぎる〜って痛感しました。
(私自身についてです。撮影してくださっている方の技量は半端ないと思ってます。)

本当は、こうやってブログにして公開すべきレベルかどうかも
あやしいと日々思うのですけど、
それでもやっぱり、自分の写真なり日記なりを、
ほんとに未熟ですけれども表に出してゆくなかで、
何か成長できることが多くあるように思い、やらせていただいてます。

私は人を魅了するような日記を書けていないし、
アダルトブロググとしても、緊縛関連のブログとしてもたしかに中途半端で、
旅ブログとしてもやはり中途半端だと思います。
前向きに考えれば、だからこそまだ進歩の余地もあるでしょうけども、
自分自身をなんとなく俯瞰してみて思うのは、
かつてお店に出ていたときに、トップを張れなかったのは当たり前だな・・・と
最近よく思います。(競い合う雰囲気ではなかったのもあるのでしょうけど)

当時、敬愛していた先輩から、いろいろな接客を学んだと思います。
もちろん、そういうのは教えてもらうものではないから、
見よう見まねで・・・ をベースに、自分なりの何かをプラスして、
やっていました。ただ、私がいたあの世界はとても不思議で、
どういうわけかいきなり行方不明になるか、
連絡不能になるのがデフォルトみたいな感じだったので、
最後にちゃんと感謝を伝えられたのは、男性のスタッフさん数名にだけでした。
その意味では、私なりにですけど心から尊敬していた数人の方々に、
最後まで何も伝えることができないまま、気づいたらお別れ・・・
の繰り返しだったのは、今でも無念です。
でも、しょうがないですよね・・・。しょうがないって言葉はほんとは嫌いなのですが、
それでも現実としては、「やむおえず」というしかないこともあるのが、
なんていうか・・・ 悔しいかな。

もちろん、必ずしも自分なりにやりたいことができたわけではないし、
それが許容される状況でもなかったので、
全力を出し切れたかというと、無念ながらNOだったとは思います。

ここ数年で心から「覚悟」をもって成し遂げられたのは、
せいぜい減量とかくらいで、
「縄関連」については、いまだに初級どころかまるでビギナーだと思ってます。
(でも、流石にまるで進歩していないということはないと思ってますけど・・・)

ただ、やっていて楽しい〜!って思えるし、
こんな私でも、縄を通じて交わってくれる人がいて、
その瞬間が満たされたものであるのだから、
それでいいといえばそうなんでしょうけど・・・。

今回のこの日記もそうなんですが、
話がいろいろと飛びすぎて、多分だけどトピックが一貫していないと思うんです。
ただ、それはわたしっていう人が根本的にそういうキャラで、
「ブログの方向性」については、あえて「いろいろあり」で続けるつもりです。

全然関係ないような「和歌」とか「歴史ネタ」とかも、
わたしの中では、実は全部繋がっていて、
それは言葉で記すものではないので、できないんですけど、
無意味に羅列しているわけではないです。。。

普段よりもさらに何が言いたいのかわからない感じの日記ですいません。

過去の4年間があまりにも眩しすぎて、
新しい未来に進むのに、もうちょっとだけかかりそうです。





AutoPage最新お知らせ