2013/2/10  6:26

貴婦人と一角獣  映画/音楽/歴嬢関連/文芸

貴婦人と一角獣 展

六本木の 国立新美術館で、フランスのクリュニーから・・・

わたし的にはなんともエロいものが展示されているようです^^;

ユニコーン・・・ はほんとは淫乱とは逆だけども、

直感的にはなんだかエロさを感じる・・・。


以下はオフィシャルより引用です。

---

フランス国立クリュニー中世美術館の至宝《貴婦人と一角獣》は、西暦1500年頃の制作とされる6面の連作タピスリーです。19世紀の作家プロスペル・メリメやジョルジュ・サンドが言及したことで、一躍有名になりました。

千花文様(ミルフルール)が目にも鮮やかな大作のうち5面は、「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」と人間の五感を表わしていますが、残る1面「我が唯一の望み」が何を意味するかについては、“愛”“知性”“結婚”など諸説あり、いまだ謎に包まれています。




「我が唯一の望み」・・・・ 私がこの絵から感じるそれは・・・

秘密です。でも、きっとそれしかないと思う。


←セルフ写真☆クリックで励みになります☆



AutoPage最新お知らせ