2013/6/24  22:22

関空から来た子  告白

想い出に、創作を添えて。


その日、あたしはいつも自分で座っていた座席をなんとなく確保。

夜の10時くらいに、はじめて会う人がいた。

「あ、どうも〜。はじめましてー^^」

「あ、よろしくですー。さっきついたばかりで全然道とかわからないんですよね。」

「ああ、歌舞伎?結構ごちゃごちゃしてますもんね〜。区役所通りのほうよりかは静かっぽいけど・・・。」

「あ、そうじゃなくて・・・ この街に、来たばかりなんです。
街っていうか、東京に・・・。」

「東京に?あ、じゃぁ千葉とか栃木とかの方です〜?」

「飛行機で来ました。関空で飛行機に乗らないとダメだと思って、そのまま来たんです。
だからこっちには知り合いも一人もいないんですけど、
歌舞伎町なら当日でも場所あるかもしれないって聞いて・・・。」

「関空から来たばっかりなのか・・・。ホテルとかおさえてあるの?
4000円くらいでとりあえずはどこかに部屋あろうだろうけど・・・。」

「そうなんですね〜、じゃぁなんとかなりそうかな・・・。とりあえず・・・元気で。またいつか〜」

「ここへは、もう戻って来ないですけど、ありがとう。」

「そっか・・・。うん、おつかれ〜!」


←セルフ写真☆クリックで励みになります☆
タグ: 麻縄 一本鞭 吊り



AutoPage最新お知らせ