2013/7/3  4:39

地獄からの騒音  私的な日記

この街には、当たり前だけどいろいろな人が生きている。

昼のお仕事があるように、夜のお仕事も同じくらい大切なこと。

ERで徹夜で対応されている方もいるかもしれない。

倒れそうになって家に戻り、なんとか寝ようとしたときに、

定期的に毎年、画一的に時間を決められた恐怖のサイレンみたいな音がこだまする。

人がしゃべっているのか、ロボット音声なのかもひどく曖昧な声調で、

感情がまるでないから、人間らしさがない。

そうやって、日々を必死に生きている人のわずかな安眠が阻害される。


なんていう、ひどいことなんだろう。

人のことを慈しむには、まずは他の人の安眠に気をつかうことだとあたしは思った。



タグ: 機能不全



AutoPage最新お知らせ