2013/7/11  5:41

好きで好きで好き〜で  私的な日記

奇跡的にほぼ同じ場所で生まれ育って、十代を同じ空間ですごして、

同じ人を心に抱いて、そんな生き方をしたいと思い続けて、

奇跡的に同じ街でお仕事をしていたっぽい。


腕にあるタトゥーにみとれてしまって、すごく細いのに生命の溢れるような腕と優しすぎる指にふれた。

日本酒とビールと梅肉と鱧しゃぶと鯛ご飯が入り乱れて、

深紅のネイルが心臓に突き刺さりそうなくらいゾクっとした。

人が人に魅かれるものの源泉に触れた気がする。



あたしが神よりも崇めた人はもうこの世にいないから、その次くらいに大好きな人。

過去の想い出が無いあたしにとって、たった一人の過去の残影。

その人といっしょなら、この世を去ってもまぁいいやとさえ、思った。(でも楽しく生きるけどね!)


夜の街をいっしょに歩いて、夢の中みたいに抱き合って、それぞれのタクシーに消えてった。


七夕の夜の奇跡の日に

乾杯、愛に。


←セルフ写真☆クリックで励みになります☆
タグ: 愛ちん



AutoPage最新お知らせ