2014/1/18  7:56

私らしく本音を語る(ブログについて)  私的な日記


おはようです〜。徹夜のままでちょっと頭が1割くらいのまま日記を記す。


ここ半年くらい、ブログとかの文章、写真、ネタとかで悩むよりも、

「ブログの存続自体について血反吐を吐くほど悩む」

日々でした。というかあまり変わってないけども(−−;


消えるのが怖くて、必死にワードプレス(以下WP)にバックアップとって、

ブログ特有の妙な画像アドレスは移行できないとしても、

WPなら一応は絶対パスだし、自由自在にどこからでも呼べますよね・・・。

(WPはレンタルサーバーだし、そうそうはデータ喪失もないはずから。)


だけど、使ってみてもわかるけどWPはとにかく重い・・・

うちはアクセスがアダルトにしてはかなり少ないけれども、

WPだとかなり表示が難しそうだなぁーとか思っていたんで、

どちらにしてもFC2へ移行の準備は続けてます。


やっぱり、ドメインパワーが違いすぎる;; 平均90って・・・。

ティーカップなんて70ですよ、70(泣)

しかも Alexa traffic rank 見てみると、ティーカップは「3750」とか;; →個人判定ではなくて


しかも「ブロとも」とか「リンクに追加する」とかの

ものすごい当たり前すぎる機能もFC2前提だし、

ぶっちゃけ周りで誰もティーカップつかってない(泣)


あたしはとにかく「消えるのが怖い」んです。

どんなにヘタでもいいから、文章と写真は命そのもの。

それさえあれば、むしろ本体のあたしは二の次(本気で。)


「WPサイト」も「FC2サイト」もまだまだ全然準備中なんで、

URL公開はできないんですけども、本当はティーカップに続いて欲しいなぁ><



2014/1/17  15:29

暗めの写真も好き  マイポートレート

まだUPしていなかった、なんとなく思い返すことの多い一枚。

クリックすると元のサイズで表示します


なんていうんだろう・・・。やっぱり雰囲気として暗めの写真はかなり好きです。


あと、わたしの髪の毛かなりダメージヘアなので、

こういう感じの光がでるとすごい嬉しい・・・。


明日は一カ月くらい週末を使ってお邪魔していた「マカオ関連イベント」がついに最終。

いろいろいただいた写真資料とか眺めてるだけで楽しいし、ほんとよかった〜。


ついこないだお部屋のインテリアを秋から冬仕様にしたと思ったら、

もう今から春仕様の準備をしないと間に合わなそうで四季の流れの早さについていけない最近。

カーテンが洋風だから(そりゃそうか・・・)なんとか和風にもっていこうと思って、

楽天とかで探して「すだれ(簾)」をいくつか入手〜!

もとから手元にあったやつとあわせて、カーテンの代用にと思ったけど・・・

寒すぎてちょっと実用性があやしいかも(・・;


昔の人はほんとどうしていたんだろうとか思った。


 ← ランキングになってます♪
タグ:  宇治十帖

2014/1/16  16:58

本日の失敗めも  私的な日記

とある写真をフォトショップで開いて、わからないなりにあれこれとやっていたときのこと。

フォトショップさん
「ビット数が一致しません。このままの数値を維持しますか?」


あたし
な、何これ、初めてなんですけど(・・; sRGBって何何何。ヤバイ全然わからない(汗)


ダイアログに「線形RGB」があれこれとあるけれども、どちらにしも意味がわからないあたし。

おそるおそるファイルをとりあえずは保存しようと思ったら、

「作業用」としては保存できたけども、「WEB用に保存する」がなぜか選べない(泣)


ぎゃーーー>< なぜに今回に限って保存できないんだろうか(−−;???

っていうか用語の意味すらわからないし(・・;


そこで一番下のレイヤーがなんとなく怪しいと感じてそこだけ見てみたら、

「RGB/32」と書いてある・・・。

それもあたしには意味がわからないのでとりあえずは他のレイヤーを参照してみる。

「RGB/8」。おお!! この数字の意味はよくわからないけども、

とりあえず8にしてみよう・・・。


で、できた(・・; !!!

やった! 保存できたじゃん!!!



えっと、結局は「カラープロファイル」とかいうやつの関係だったっぽいです。。。

多分。。。 ね。。。 うん。。。。


 ← ランキングになってます♪

2014/1/15  12:48

イタリアの無惨絵  映画/音楽/歴嬢関連/文芸

カラバッジョの絵画でこういう作品があるんですけども、

いろいろと魅かれてしまう絵だなぁ・・・。

同じコンセプトでいろいろとアングルとかキャラ(っていわないのかな・・・)を

変えて作成されたりもしてるんですねー。

専門的なことは全然わからないですけども、

同じ構図を執拗に繰り返すっていうのはなんだか好き。


前に知人に無惨絵画集みたいのを見せられたときには引いてしまったけども、

底抜けに明るいものよりは、こういう方向のほうが不思議と気楽になれる。


*画像はコモンファイルですがグロテスクなので18禁かもしれません。。。

ホロフェルネスの首を斬るユディト
@1598年 - 1599年

作:ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ さん


 



AutoPage最新お知らせ