2014/6/20  17:46

不安定ながらその先へ  私的な日記

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか少し時間の空いた更新になってしまいました。

新しくリンクをしていただいたサイト様、本当にありがとうございます。

と同時に、いろいろな事情により休止などのサイト様の名は残しつつ、リンク自体は外させていただきました。


この写真は、なんとかがんばって岩の上に立ってみたものです。

いまさらなんですけども、こうやって眺めてみると山の斜面って結構、急なんですね・・・。

木々の枝もなんだか魔物みたいに見えてきます。


明日はちょっと近所で浮世絵をいろいろ見てこようと思います^^;


 ← ランキングになってます♪

2014/6/17  2:15

この石の色が好き  マイポートレート

クリックすると元のサイズで表示します

最近、とある方に「天下城(上下)」という本を貸していただき、読み進めてます。

舞台は関西方面の松永久秀さんとか尾張の信長さんあたりがメインではあるんですけども、

お城つながりで、しかも「石垣」という言葉の響きに先日の撮影で訪れた「石垣山城址」「中山城址」を思い出しちゃってます。

ここにある木々や岩の中には、もしかしたら当時からそのままあり続けるものもあるかもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します

よほど耳を澄まさないと当時の人々の息づかいは聞こえてはこないかもしれませんが、素晴らしい場所です。

壮麗な天守閣もなければ売店などもありませんが、素晴らしい体験に感謝☆

空がもうちょっとだけ晴れていれば、どんな色合いになったのかな〜とは話しておりました。


お城の跡を見ながら、変なこととかは考えちゃいますけども。


 ← ランキングになってます♪
タグ: 一夜城 石垣山

2014/6/15  21:03

Graduation  私的な日記

最近、無理矢理に変な造語(たぶんだけど)をつくってみました。

「歴嬢(reki-jou)」。S嬢やM嬢があるなら、歴嬢もありかなって。

ここ数年をかけてやっていたとあることが、本日とりあえずの終わりと迎えました。

あ、ここのブログとはあまり関連はないですけども・・・。

グランドフィナーレ(しっくりこない〜)というと響きは華やかだけども、

微妙に長過ぎた時の移ろいのせいか、こういうときって嬉しさってあまりこみ上げてこないのかな〜とか思ったです。

うん、変な感じです。いろいろなことが夢、幻の如く。

クリックすると元のサイズで表示します


立ち止まっていてもしょうがないから、淡々と次の舞台へ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


いつまでも、続けられますように。エロの神様にお祈りを捧ぐ。

クリックすると元のサイズで表示します


 

2014/6/13  7:54

山中城址の深い森へ  一夜城(石垣山城址)と山中城址

クリックすると元のサイズで表示します

深い緑の中に呑み込まれてゆきます。
杉の木が多いようで、松はあまり見かけませんでした。
松というのは西日本に多く広がっている・・・というのは誤解で、
初期の頃はそうだったみたいですが今では関東以北にもある程度存在しているようです。
幸いにも私は花粉症は全然ないので、こういうロケーションで怖いのは虫さされと日焼けなんですけども、
花粉症だといろいろ対策しておかないとですかね〜(ーー;


クリックすると元のサイズで表示します

この愛用の和傘は実際に雨が降っても使えるので便利なのですが、
次回の撮影ではちょっと気をつけないといけないこともでてきたり・・・。
こういった感じの和傘をさらに新調してみたんですけども、
届いてみたら日本舞踏や能などの舞台用のもので、染料が雨に弱いものでした。。。
重さ的にはいつも愛用しているもののほぼ半分ほどで、片手でも疲れないな〜とか思ったんですけど、
屋外での撮影では微妙かなぁ・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

雨をしのぐための傘っていうのは意外に歴史が浅いかもしれないとか思いつつ、
そういえば明治になってから数年後に書かれた文献に、
武士の中にもで雨傘を利用するもの多数という記述を思い出しました。
装飾としては紀元前の中国ですら使われていたと思うんですが、
実用としては最近のものかもしれません。


そのうち撮影でなんとかタイミングなどが合えば「赤富士」といっしょに写りたいな〜。
他にもいろいろ予定が思いつくのですけども秘密。


 
タグ: 山中城址 静岡



AutoPage最新お知らせ