2014/9/9  15:23

夏と秋の狭間で  マイポートレート

なんだかもう秋の香りがする〜。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

もうちょい水平に撮るべきだったのかな、とか思いつつも
今の段階ではあっぷあっぷなので次へ持ち越し(汗)



クリックすると元のサイズで表示します

枯れた葉・・・ といえば
「夢は枯れ野をかけめぐる」という辞世の句を思い出しちゃうんですが、
このうたのエナジーが私には想像できないものだったりします(ーー;


クリックすると元のサイズで表示します

秋は秋で好きだけども、わけもなく哀しくもある〜


秋・・・かぁ。 源氏物語の第一部の後半くらいで、

秋好中宮嬢と紫の上様が「春と秋ではどちらが優れているのでしょうか」と

静かなやりとりをしあっているシーンがとても好き。
(少女帖、胡蝶帖より)

特にお手紙を運ぶ女の子が秋の間から春の間へいくのに

橋を渡ってゆくという様が好きすぎる・・・。

無駄なこととか冗長が王朝美学だな〜とか繰り返し思う最近。



そんなわけで、気分的にもいよいよ秋へ。

今年の夏にあげることのできなかった花火は、秋にでも楽しんでみようかな。


 ← ランキングになってます♪
タグ: 清澄庭園 AF-S D5100



AutoPage最新お知らせ