2021/7/17  13:43

その教科書や新聞はフィクションです。  映画/音楽/歴嬢関連/文芸

クリックすると元のサイズで表示します

大磯漁港近くの海辺にて。フォトギャラリーは遅れながらも気分に任せてやっています🐻


さて、あたしは司馬遼太郎さんがいまだに好きです。しかし彼の「日記」は文字通りに「日記」であり、これは私的な旅行記録などです。そして、「歴史小説」は文字通りに「小説」なのです。小説というのは「歴史学の研究書」ではないのです。だから司馬さんは嘘を意図的に事実として記述している捏造家ではないのです。


ここで問題となるのは、「新聞」と「教科書」など。2つに分けて考えます。長すぎるので「新聞」について。

1 新聞の正確さについて
いろいろな新聞がありますが、長くなりすぎるので朝日新聞に限定します。朝日新聞というのは日本の新聞であり、これは中国や韓国、北朝鮮による運営ではありません。しかし「従軍慰安婦問題」「長崎・軍艦島問題」「徴用工問題」など、もはや捏造が凄まじすぎて、どれが客観的事実などか全く不明であるし、そもそも取材チームみたいのが本当にあるのかどうか。あたしは存在しないと考えてます。


a 従軍慰安婦問題
まず「従軍慰安婦」という語彙自体が不当なもので、多くの保守系が主張するように、わたしも承服できません。慰安婦というのは一種の売春婦、あるいは風俗嬢のことです。それらの人が日本軍に無理やりに連行されて、軍専用の売春婦として使役されていた、などという事実は無いのです。彼女らは自らの自由意志により慰安婦になることをのぞみ、仕事としてやっていたのです。相応の賃金も支払われていたのです。

この話は60年代の日韓合意により国際条約として正式に話がつき、もはや「完全解決済み」なのです。国際法というのは当たり前ですが、一度条約を結び、解決したらそのあとは責任を追及できません。韓国は「確かに一度約束はしたが、それがいつまでも続くと思うな!約束はいつでも変わるのだ!それが韓国文化における約束の概念だ!」などと主張していましたが、そのようなことは国際法ではまったく容認されない。しかも約束は常に変化するなどというのは、人間としてもありえない言葉です。

話をもどして、慰安婦の中には「仲介人に騙されて連れてこられた」と主張する韓国人女性がいることは事実ですがしかし、「同じ民族である韓国人の仲介人に騙された。日本軍が関与したわけではない。」という証言があるのです。さらに重要なのは、従軍慰安婦を助ける民間組織である「正義連」という組織は、少し前に「日本政府から和解金を受け取るな。自分らが金を渡すからそれを受け取れ。日本から和解金を受け取ったら、お前は国賊だ」などと元慰安婦を脅迫し、日本からの和解金を妨害していることが明白になりました。これは裁判でも結論がでています。しかもこの悪質な団体は全世界から受け取った寄付金などをほとんど横領し、元慰安婦にはほとんど金を渡していないことも明白になりました。このとんでもない犯罪組織の運営者が、次に書く「軍艦島」問題を提起した人なのです。


b 軍艦島問題
NHK が作成した「緑なき島」という軍艦島を描いたドキュメンタリーがあります。これは明白にフィクションであり、その証拠も多数あります。にもかかわらず事実であるかのように報道するのは、これは捏造です。実際に当時の軍艦島で仕事をしていたという韓国人男性の生の証言まででてきていて、彼によれば「軍艦島問題はデタラメだ。そんな話は聞いたことがない」と語っている。軍艦島で多数の韓国人が仕事をしていたのは事実なのです。しかし、彼らは自由意志により給料の良い仕事に応募して業務をしていたのであって、無理やりにやらされていた事実はありません。この軍艦島の問題は、上述した慰安婦問題でまさに詐欺的手法をしている人物が「日本軍による人権侵害」として提起したのです。それを朝日新聞が完全に同意し、NHKがフェイク映像を作成したのです。


c 徴用工問題
ここまで考えると、気づくことがあります。「これは、全部デマなんじゃない?」ということです。その通りで、全てデマなのです。しかしさらに驚くべき事実が判明しています。これらのデマは韓国から発生したのではないのです。朝日新聞のある個人が執筆した記事が出発点になっているのです。なんと日本が発生源だったのです。


朝日新聞とNHKはこれらの「捏造問題」について本当に回答する必要がある。加えて「耕論」や「多事総論」などは一種の私的な見解コーナーなので、はちゃめちゃぶりは無限大です。朝日新聞を読んでいたらニセの情報をつかまされます。しかも単に間違っているということではなくて、意図的に確信して虚報を流すということをしているのです。そうはいっても日本には言論の自由がありますから、それらのコーナーはあっても問題ない。問題なのはメイン記事のほうで、「虚偽を事実として報道する」という点にあります。




タグ: 映画 音楽 小説

2021/7/6  2:33

大磯ビーチにて(2)  夏のポートレート

少しだけ時間をさかのぼりつつ、大磯プリンスホテルでの日々クマ🐻 最近は病院での各種治療や検査を除くと、ほとんど自宅にいなくて、日記の更新頻度が低い><b

さて、本日のお写真は iPhone SE( G2) のカメラテストのため、全てスマホです。


クリックすると元のサイズで表示します

旅はいつでも心が躍る。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

グリーンでも比較的リーズナブルなお値段。平塚から数駅で大磯へ。特に混んではいません。新幹線と同じくらいのイメージかな。


クリックすると元のサイズで表示します

まさに南国風。これだけをインスタにあげたらハワイにでもいるかのような感じ。ただ、アイフォンはいつもそうなんですがダイナミックレンジ(写真の明暗の広さ)が狭くて、テーブルと曇りな空すら同時に撮ることは難しい気がします。後処理は、体調がよくないので最近はほぼまったくしません。


クリックすると元のサイズで表示します

iPhone6 などと比較すると、たしかにかなり進歩(?)しているな〜とは感じます。背景がちょっとデジタル処理で無理やりにぼかしてますみたいな感じあるけども、スマホは物理的に制限があるからどうにもならない(・・; このカメラのお値段は2年間のアップル保険など全部込みで7万円くらい。たかが電話のクセに高すぎだ!と思うけど、持ち運びできるミニパソコンだと思うと安い・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

大磯プリンスホテルは流石のクオリティーで、後日の日記で書こうかなと思います。コンビニまでは歩いて10分くらいで他にショップがないというのは立地的にはちょっと難しい気はするけれども、このホテルは、お部屋自体とビーチだけでも楽しめるようになっているので、そういう使いかたがいいのかも。タクシーで5分のところにあるイタリアンがものすごく美味しい上に2名で食べまくっても1万円しないというお値段。リピートしたい名店かも。


クリックすると元のサイズで表示します

次回、いよいよタイムラプス撮影クマ🐻


#タイムラプス
#大磯プリンスホテル


2021/7/4  22:28

独立記念日にて  アメリカ政治

こんにちは、ゆかトランプです🐻 

クリックすると元のサイズで表示します

藤沢で撮影した食べ物のお写真とともに、アメリカの独立記念日を祝いたいです♪


クリックすると元のサイズで表示します

最近、東京オリンピックというのが話題になっているそうですね。あたしはいろいろあったんですが、このオリンピックに賛成です。なぜなら、数年後に北京オリンピックがある。これは全体主義かつ非民主主義的な中国政府が行う北京オリンピックとは違い、自由かつ民主主義的な日本は、オリンピックを開催できるのだ、と歴史に刻む必要があるから。平和の祭典たるオリンピックは、自由で開かれた国の重要な一部である日本だからこそできるんだ、と後世に残したい。


クリックすると元のサイズで表示します

日本の外務省が「日本の法体系にはジェノサイド(民族虐殺)についての明記が存在しないから、中国をジェノサイド認定できない」という、わけのわからない理由で中国を非難できなかったことは、後世の歴史に残ってしまう。ジェノサイドというのは「大量の殺人」ではない。ジェノサイドというのは、特定の民族の消滅を目指し、固有の言語を禁止し、子孫を残すことを抑圧し、文化を消滅し、それを個人ではなく国家が行なっている一連のことを、ジェノサイドというのです。旧ソ連スターリンのウクライナ虐殺、オスマントルコのアルメニア虐殺、ドイツナチスのユダヤ人へのホロコースト、カンボジアのポルポトによる虐殺などがあります。これを今まさに、中国政府はやっているのです。先の大戦で日本は結果的にナチスドイツと同盟してしまった。しかし、日本はジェノサイドはしていないのです。そこがかつてのドイツや現代の中国と違う。


クリックすると元のサイズで表示します

中国を間接的に支援してしまうのはやむをえない。現代の服や食べ物はサプライチェーンが複雑化しすぎていて、生産国はトレースできても、素材がどこでつくられたかまではわからない。しかし、ユニクロのように「ウイグル問題は政治なので、ただの一企業である自分たちはノーコメント」ということは人間として倫理が欠如している。

日本はいろいろありながらも、アメリカを旗とする、自由かつ民主主義を掲げる国なのです。中国のように不自由かつ非民主主義的な全体主義国家ではない。日本は、国家の利益のために、個人の存在や利益など全くどうなってもいいのだ、という国ではないのです。

もちろん課題に対して賛成や反対はあるでしょう。しかし、対立する意見を全て国家の名の下に抑圧し、関係者は全て処断する、ということを今もやっている中国のような国家とは違い、日本にはまがりなりにも言論の自由がある。アメリカのそれほどは強固ではなく脆いけれども、違う意見を封殺するような国ではないのです。

わたしは中国の古代史や中世の歴史が好きで、今でもよく触れるし、中国料理も食べるし、音楽も聴く。しかし、現在の中国政府は民族虐殺をやっている段階で、日本の仲間にはなりえないのです。


クリックすると元のサイズで表示します

@7月4日 アメリカ合衆国独立記念日にて

タグ: 独立記念日



AutoPage最新お知らせ