2012/4/13  16:24

灯ろうにお花を生ける際のご注意  京都、古都

実際にやってみるまで気付かなかったんですが、
意外に熱がハンパないです・・・。

灯ろうの中の電球は固定されているので、
そのままなら周囲のシェード(壁)に接することは絶対にないので問題ないのですが、
桜や梅の枝などを生けると、かなり注意しないと電球と中の隠し剣山や花瓶、
が接触しがちで結構危ないかもです^^;

誰かがちゃんと見ている状況ならそうそう火種にはならないと思うのですけど、
前に写真でアップしたことがあったので、気になって日記にしときます^^;

私は白熱灯のかわりに電気灯ろうをつけて寝ています^^;


↓写真は自室にて iPhone にて撮影☆

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 京風 灯ろう 生花



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ