2013/5/25  8:34

シンガポール料理  エロスSM

シンガポールと聞くと、優雅に水を流しているマーライオンと刑罰の鞭打ちのイメージしかなくて、

日本からは近いようで意外に遠いらしいですよね〜とYさんと話してた。

たしか8時間くらいのフライトみたいで、これはハワイと同じだからかなり遠い。

イメージ的には4〜5時間くらいなのに不思議だなぁ〜と思った。


とりあえずお酒を飲まないことにははじまらないので、

飲めないくせにわくわくとカクテルを選んで決めたのは「シンガポールスリング」。

でもカスタマイズできると言われたので、アルコールを飛ばしてもらっちゃいました。

Yさんはシンハビールを1パイントで飲みはじめ、5杯くらい飲んでた。

中華料理の影響か、なんとなく辛い料理がメインなんだろうなって思っていたんだけど、

甘い料理が多くてかなりビックリ。

海老をソテーして軽く揚げて、甘いパイナップルソースで味付けしてあるのはいかにも南国でした。


ここのレストランは、ウエイトレスさんもウエイターさんも、お客さんも自然な笑顔だ。

ホテルの中にあるレストランでそういうところが意外に少ない気がして、次もちょっと訪れたいと思った。



品川の25階くらいから眺める夜景はやっぱり綺麗で、なんとなく眺めてた。

高層ビルの灯りはトパーズ色で、前にも見たような錯覚に落ちていきました。

タグ: 麻縄 一本鞭 吊り



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ