2014/12/6  15:50

わたしが眺めた紅葉  奥州仙台をゆく

クリックすると元のサイズで表示します


気がついたら紅葉シーズンは終わりを迎え、微妙に掲載するタイミングが遅れちゃった(・・;汗

うちの近所も木々は少ないけど紅葉しているものの、

せっかくなので奥州日記にもうちょいおつきあいを〜><B


中尊寺。

とても広いこの空間には、1日費やしても見きれないほどの紅葉が。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


入り口のところの坂を昇りつつ、すでにもう真っ赤な木々がいっぱいで、

感動で呼吸困難になりそう。

思い出に強く残っている紅葉では、京都のがもう4〜5年前だから、これほどのは久しぶり〜^^


クリックすると元のサイズで表示します


それにしても、人の数でいえばものすごくたくさんの人がいる平泉だけど、

藤原三代の黄金の残り香はほとんど無く、夢、幻の如くだと思ったです。


あとはあれだ〜。甘酒の販売所の数が半端じゃない感じでした。

ほとんど10分おきに甘酒屋さんが!

また行きたいと思ったです(・・;



 

2014/12/3  0:00

日本三景・松島に浮かぶ  奥州仙台をゆく

予約投稿の練習していたら、激しく操作ミスした〜><


クリックすると元のサイズで表示します


円通院からちょこっと歩くとそこはもう松島湾。

ここでは予定通りに船に乗り込んでみるのです。


クリックすると元のサイズで表示します


山もいいけども、やっぱり海はいいなぁ〜(・・;

香りが、音が、色が、すべてが大好きすぎる。


クリックすると元のサイズで表示します


クルーズ自体は45分くらいのもので、

デッキにも出れるし好き勝手に歩き回れて、とても楽しかった〜^^

私って、全然船酔いとか乗り物酔いしないや。


クリックすると元のサイズで表示します


車でガンガンと移動できるから、きっとスムースに行けそうだ〜!とか思っていたんだけども、

仙台駅から松島あたりまでは、思った以上に遠かった(・・;

宿は仙台なので、往復でほぼ3時間かかるという移動距離に。

ほんとは鳴子峡で温泉でも・・・と思っていたけども、そうもいかずにご飯のお時間に。

ましてや、「できればついでに蔵王にも」とか思っていたけど、無理すぎでした。

本当は「生牡蠣」をおいしくいただきたいところだったんですが、

わたし、諸事情で生の牡蠣はダメなんですよね>< 

この時期だと光り魚が美味しいとのことでそれが前回の日記でした。


そういえば、「松島」って「日本三景」だったかな?と思いつつも記憶があやしげなので調べてみたらそうだった。

松島、天橋立・・・と、あとは・・・え〜と・・・。安芸の宮島(厳島)だ(・・;

天橋立には、来年、運のまわりがよければ訪れようと思っております。

でも、奈良の吉野の桜も見たいし、いろいろな意味で奈良はリトライしたい。

熊本の温泉にも遊びにいきたいし、いろいろ夢ばかりは無限に広がる〜☆


にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ


2014/11/30  0:00

塩竈の味  奥州仙台をゆく

クリックすると元のサイズで表示します


気が向くと追加するグルメ日記を久々に。

平安の頃に、今の京の街の東本願寺所領の渉成園からほどよい距離の場所に、

河原院という邸宅があったそうです。源氏物語の六条院はこれが元ネタだとかそうでもないとか。

源融(みなもとのとおる)さんのお住まいで、

京からは遥か遠く「みちのく」(奥州)の塩竈の情景を重ねて「塩焼き」をしていたとか。

クリックすると元のサイズで表示します


などということを書きつつも、いまいち

「あれ? わたしまた嘘書いてるかもしれない」と思い、

「街道をゆく(司馬さん)33 巻」の奥州と白河のくだりを読んでみると、

たしかに河原院はそういった歴史のある場所のようで安心しました(^^;


「塩焼き」。

前にこれを聞いたときに塩を焼いていたのかな?と思ったんですが(汗)、

実際には難波の海水を引き入れて、それを焼くことで塩をつくりつつ、

立ちいでる煙を楽しむものだったそうです。香りもものすごくいい感じなんだろうなぁ〜(・・;

いずれにしても、塩竈っていう地名の響きがなんかこう、味があって好き。


クリックすると元のサイズで表示します

白河の関・・・かぁ・・・。ぶっちゃけ、奥州での滞在中には完全に忘れておりました(・・;

そういえば、あったよね、そういうの・・・。

新幹線がそのあたりを(遠く横にずれるとはいえ)越えているときに

何かセリフを言わなきゃいけなかったんだ・・・。

奥州筆頭な伊達の政宗様も白河の関のあたりを通りを過ぎたとか。

「しらかわのせき」は二カ所あったというお話もあるようだけども、

関は一カ所のほうがロマンがあるなぁ〜とか思ったり。

クリックすると元のサイズで表示します


 ← ランキングになってます♪

2014/11/22  1:00

仙台 円通院  奥州仙台をゆく

クリックすると元のサイズで表示します


たまに、自分の写真ばかりをアップしているのってどうなんだろうとか

割と深刻に思い悩んだりもするんですが、

撮る人と、撮られる人、がたいていはいるから

孤独じゃないんだ、とか思うと元気になれるそんな最近。


クリックすると元のサイズで表示します


どうせならライトアップも見たかったなぁ・・・と思いつつもそうもいかない日。

クリックすると元のサイズで表示します


大好きな竹やぶを発見。やぶというか竹林の庭園ですね^^;

クリックすると元のサイズで表示します


鎌倉の報国寺の竹林では、暗さの調節がうまくいかなくて、
どうしてもリトライしたかった竹の世界。

クリックすると元のサイズで表示します


円通院をちょうどでたあたりに、仙台の名物(らしい)緑色の「ずんだ餅」が。

とはいえ、いきなりクレープずんだという変化もの。

仙台に滞在しているあいだ、しきりに食べまくってました。

後日、青葉城址とかでも食べたりもしたんですが、とりあえず円通院側のが初めて☆


と、ここまで書いていてどうも気になっていたことがあって。

円通院の奥のほうに西欧風の墓所があって、なんとなく天正遣欧使節の関連かな?とか、

一瞬思っただけで調べるの忘れたままに帰宅してしまい、今になって調べても意外に出てこない(・・;

しょうがないので後日、電話で聞いてみよう・・・。


そろそろ日が暮れ始め、松島湾へ向かうわたしたち。実は4人だったりしました(え)。


にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ




AutoPage最新お知らせ